深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

エッセイ

「美人」へのレッスン/齋藤 薫~美人で天真爛漫だと最強ですよね~

≪内容≫ これまで誰も言わなかった「美人」になる秘訣、教えます。どんな女も意識を変えれば自分の中から美しさが湧き出てくる!「キレイになれない」と思い込んでいる人へ教えたいコスメもメイクも要らない美容法。 本書は「美人とはそもそも誰のことなのか?…

美容の天才365日/齋藤 薫~他人にとって愛しやすい存在となれ!~

≪内容≫ 毎日のキレイをつくりだす心の美容液・365本。毎晩ひとつのお話を読むことで、1年後には心身ともに美しくなる!『FRAU』連載中大好評だった究極の美容バイブルがパワーアップして登場。 読書が辛いとき。 しかし何かしら読みたいとき。 一番楽なのは再…

職業としての小説家/村上春樹~E.Tが来たときのために倉庫を作っておこう~

≪内容≫ 「村上春樹」は小説家としてどう歩んで来たか―作家デビューから現在までの軌跡、長編小説の書き方や文章を書き続ける姿勢などを、著者自身が豊富な具体例とエピソードを交えて語り尽くす。文学賞についてオリジナリティーとは何か、学校について、海…

小説家という職業/森博嗣~ 小説家ほど自由な職業はないし、自由を拠り所にする人種はいない~

≪内容≫ 小説家になるためにはどうすれば良いのか?小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか?プロの作家になるための心得とは?デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さら…

桜庭一樹読書日記/桜庭一樹~読みたい本が見つからないときはこれを読むといいです~

≪内容≫ 作家・桜庭一樹は稀代の読書魔である。ほんとうに毎日本を読むのである。日々、読書にまつわるすごいことを発見し、傑作の前を歌って通りすぎ、新宿と鳥取を行き来しながら小説の執筆にいそしむのだ。縦横無尽に読んで過ごした、疾風怒涛の一年間。 …

きれいなシワの作り方~淑女の思春期病/村田沙耶香~私はやさしい女性が好きです~

≪内容≫ 思春期なんてとっくに卒業…と思いきや!?追いかけてくる自意識の罠。思わず吹き出す滑稽な視点と身をよじりたくなる共感の嵐がつめこまれた、三島賞作家による抱腹絶倒エッセイ集! この作品で村田さん単独の単行本は一応読み終わりました。 時間を見て…

使いみちのない風景/村上春樹~自分のためだけの風景を探して~

≪内容≫ それ自体には使い道はないかも知れない。でもその風景は別の何かの風景に、おそらく我々の精神の奥底にじっと潜んでいる原初的な風景に結びついているのだ。エッセイと写真の美しいハーモニー。 私はほんとうに村上春樹をすごいと思う。 いや、すごい…

イギリス毒舌日記~夕方4時になると会議してます風お茶会が開かれます~

≪内容≫ 壮絶な海外出産、全く働かない同僚達、衝撃の突き放し系サービスetc.国際結婚で渡英した40歳の大阪女が、テキトーでマイペースで心温かいイギリス人に囲まれ、逆境を爆笑しながら乗り越える!人気ブログ待望の書籍化! 先日の「日本人に「宗教」はいら…

日本人に「宗教」は要らない/ネルケ無方~なんでキリスト教って戦争ばかりするの?~

≪内容≫ 日本には宗教間の対立がほとんどない。仏教と神道が争うことはない。いまの日本人はキリスト教を否定しない。西洋人が、日本人から大いに見習うべき点は、ここだろう。そして、日本人は無意識のうちに、日常生活の中で「禅」の教えを実践している。だ…

戦後日本経済史/野口悠紀雄~不満があるなら具体的に伝えられる力をつけなくてはならない~

≪内容≫ 奇跡的な高度成長を成し遂げ、石油ショックにも対応できた日本が、1990年代以降のグローバル化とITの活用に立ち遅れているのはなぜか?それは、第2次大戦中に構築された「戦時経済体制」が、現在も強固に継続しているからだ。「戦後は戦時と断絶された…

されど"服"で人生は変わる/齋藤薫~服にはその人の人となりが表われるのかもしれない~

≪内容≫ 「面白くって役に立つ!」と大評判。人生の岐路に、危機に、停滞に効く、オシャレの処方箋。大人気エッセイが新書版で登場! この人のコラムが好きです。 結構ばっさりと斬るので。 この本も最初から「愛されるってそんな簡単なことじゃないでしょ」と…

自分の中に毒を持て/岡本太郎~私の人生を変えた一冊~

≪内容≫ 瞬間瞬間を生きているか。ほんとうの自分を貫いているか。「才能なんて勝手にしやがれだ」「ダメ人間なら、そのマイナスに賭けてみろ」 今も鋭く問いかける、生涯芸術家岡本太郎からのメッセージ。93年刊の新装版。 私の人生を変えた一冊。 この本を…

愛する言葉/岡本太郎、敏子~いつでも愛はどちらかの方が深く、切ない~

≪内容≫ 天才芸術家、岡本太郎とそのパートナー岡本敏子。二人が遺した、激しく熱く純粋な、男が男のまま、女が女のまま、愛するためのメッセージ。 愛ってなんだと思う?と親友に聞いたらこの本を薦められました。 疑問を投げかけたとき、いつも答えが見つか…

赤めだか/立川談春~もし売れなくても、飲み屋でのグチのネタになるから心配するな~

≪内容≫ 17歳で天才・立川談志に入門。「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での前座修業が始まる。三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けば…

素直に生きる100の講義/森博嗣~小さなもの、下らないもの、なんでも良いから、自分で考えて作ってみる~

≪内容≫ 思い通りにならなくても、進み続ける価値がある――。圧倒的人気を誇るミステリィ作家が贈る、「ひねくれた世界」の正しい生き方。 森博嗣が日々どう思っているのか知りたいなーと思って読んでみた本。面白かった。理系のお堅い人かなーと思ってたら意…

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか/二村ヒトシ~恋愛は上手くいかなくて当たり前~

≪内容≫ 女性の生き方”問題の第一人者たちも絶賛した元本を大幅増補・改題し文庫化!「心の穴」と「自己受容」をキーワードに、なぜ楽しいはずの恋愛が苦しくなるのか、の秘密に迫ります。 そうそうそう!と頷きまくりの一冊。 まずこのタイトルからして「私の…

モテるための哲学/二村ヒトシ~好意がキモチワルイ原因の解説はここにアリ~

≪内容≫ あなたはモテたいはずです。モテてセックスしたいはずです。なのに、なぜモテないのか?それは、あなたが他人にとってキモチワルいからです。セックスは本来キモチイいことだから当然です。でもモテたいって単に性欲の問題だけじゃない。では、なぜモ…

生きる悪知恵/西原理恵子~嘘をついたっていいし、正しくなくたっていい~

≪内容≫ 飲酒で高校を退学処分。水商売でアルバイト。離婚したのち、ガンを患った元夫の最期を看取る―。「おカネ」「男と女」から「ビジネス」「家族」「トラブル解決法」まで、波瀾万丈の人生で培った処世術を伝授する。 西原理恵子さんすっごい好きです。 …

女らしいということ/平岩弓枝~大人になるまでどれだけのおばちゃんに助けられてきたか思いだしてみて~

≪内容≫ 平凡な主婦として大地に足をつけた生活をし、一生懸命生きていることが、私という人間を育て、豊かにしてくれた…。女であること、やさしさ、いたわり、心づかい、人と人のつながりを大事にしたい、そんな著者が綴る、うるおいのあるエッセイ集。 女っ…

自殺直前日記/山田花子~私の中のもやもやを吐き出した愚痴日記~

≪内容≫ 1992年5月、高層住宅の11階から飛び降り自殺し、24年の短い生涯を閉じた“カルト漫画家”山田花子。死後六年を経過した現在も“信者”とも言える熱狂的なファンを増やし続けている彼女が、死の前日まで記していた日記が存在した。テレビ、新聞、雑誌など…