深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

少女

ロリータ/ナボコフ~ロリコンについて本気出して考えてみた~

まず、私が読んだのは大久保康雄氏の訳です。 もう一人、若島正氏の方を読んでいないので何とも言えないんですが、もしかしたら若島氏の方が読みやすいかもしれないです。 ロリータ (新潮文庫) posted with ヨメレバ ウラジーミル ナボコフ 新潮社 2006-10-3…

【映画】裸足の季節MUSTANG~夢見る季節の先の未来なんてあきらめしかないと思う~

昨年の6月に観たいな~と呟いて、半年後にはDVD出てました。びっくり。 予告編 www.youtube.com なんか予告だと爽やか映画みたいになってますが、全然違います。 これはもうしょうがないことかもしれないんですが、洋画って原作と日本版では解釈が変わってし…

【チェコ映画】ひなぎく~ひたすら咀嚼して咀嚼してそれでも良い子になれない~

ひなぎく観てきました! とんでもなく写メ撮るのヘタですみません。 Cプログラムの「光・闇・光」と「対話の可能性」もおもしろかったというか・・・面白いんですけど悲しいです。でも悲しいというと語弊がありそうな・・・ ブラックジョークみたいな?感じでしょ…