深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

文学

ロリータ/ナボコフ~ロリコンについて本気出して考えてみた~

まず、私が読んだのは大久保康雄氏の訳です。 もう一人、若島正氏の方を読んでいないので何とも言えないんですが、もしかしたら若島氏の方が読みやすいかもしれないです。 ロリータ (新潮文庫) posted with ヨメレバ ウラジーミル ナボコフ 新潮社 2006-10-3…

地獄変/藪の中他九篇/芥川竜之介~女は虎より強く、神仏より恐ろしいようです~

≪内容≫ 地獄変の屏風絵をえがくために娘に火をかける異常の天才絵師を描いた『地獄変』、映画『羅生門』で一躍世界に名を馳せた『薮の中』など表題作のほかに『運』『道祖問答』『袈裟と盛遠』『竜』『往生絵巻』『六の宮の姫君』『二人小町』を収める。王朝…

春琴抄/谷崎潤一郎~甘えも許しも怠惰も断固拒否の先にあるのが美しい世界~

≪内容≫ 盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いて谷崎文学の頂点をなす作品。幼い頃から春琴に付添い、彼女にとってなくてはならぬ人間になっていた奉公人の佐助は、後年春琴がその美貌を何者かによって傷つけられるや、彼女の面影を脳裡に永遠に…

限りなく透明に近いブルー/村上龍~与えられる痛みじゃなくて自らが下す痛みで生を知る~

≪内容≫ 米軍基地の街・福生のハウスには、音楽に彩られながらドラッグとセックスと嬌声が満ちている。そんな退廃の日々の向こうには、空虚さを超えた希望がきらめく――。 ドラッグとセックスという時点で「あぁ・・・辛そうだな・・・」と少し怖じ気づきました。 「…

蹴りたい背中/綿矢りさ~思春期の周りが見えない迷走っぷりに懐かしさで胸が痛くなる~

≪内容≫ “この、もの哀しく丸まった、無防備な背中を蹴りたい”長谷川初実は、陸上部の高校1年生。ある日、オリチャンというモデルの熱狂的ファンであるにな川から、彼の部屋に招待されるが…クラスの余り者同士の奇妙な関係を描き、文学史上の事件となった127…

土の中の子供/中村文則~それを見ることができるのなら、何をしてもいいような気がした~

≪内容≫ 27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかす…