深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

森博嗣

小説家という職業/森博嗣~ 小説家ほど自由な職業はないし、自由を拠り所にする人種はいない~

≪内容≫ 小説家になるためにはどうすれば良いのか?小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか?プロの作家になるための心得とは?デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さら…

素直に生きる100の講義/森博嗣~小さなもの、下らないもの、なんでも良いから、自分で考えて作ってみる~

≪内容≫ 思い通りにならなくても、進み続ける価値がある――。圧倒的人気を誇るミステリィ作家が贈る、「ひねくれた世界」の正しい生き方。 森博嗣が日々どう思っているのか知りたいなーと思って読んでみた本。面白かった。理系のお堅い人かなーと思ってたら意…

神様が殺してくれる/森博嗣~人はあまりにも美しい人と出会ったら狂ってしまうものなの?~

≪内容≫ パリの女優殺害に端を発する連続殺人。両手を縛られ現場で拘束されていた重要参考人リオンは「神が殺した」と証言。容疑者も手がかりもないまま、ほどなくミラノで起きたピアニスト絞殺事件。またも現場にはリオンが。手がかりは彼の異常な美しさだけ…

トーマの心臓Lost heart for Thoma/森博嗣~オスカーはロンギヌスの槍?~

≪内容≫ ユーリに手紙を残して死んだトーマという美しい下級生。ユーリを慕っていたという彼は、なぜ死を選んだのか。良家の子息が通う、この学校の校長のもとに預けられたオスカーは、同室のユーリにずいぶんと助けられて学生生活を送ってきた。最近不安定な…