深夜図書

毎日23:30更新の書評ブログです。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

ハーモニー/伊藤計劃~誰かのユートピアは誰かのディストピア~

≪内容≫

ベストセラー『虐殺器官』の著者による“最後”のオリジナル作品。21世紀後半、〈大災禍〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は見せかけの優しさと倫理が支配する“ユートピア”を築いていた。そんな社会に抵抗するため、3人の少女は餓死することを選択した……。 それから13年後。死ねなかった少女・霧慧トァンは、医療社会に襲いかかった未曾有の危機に、ただひとり死んだはずだった友人の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。日本SF大賞受賞作。

 

虐殺器官が面白いなーと思って次作と言われるこの「ハーモニー」を読んでみました。

個人的には虐殺器官の方が入り込めました。謎

虐殺器官の最後、クラヴィスが起こしたアメリカ内での虐殺事件(大災禍)の次の時代のお話・・・。

 

人々は大人になると「Watch Me」と言われる恒常的体内監視システムを身体にインストールし、病気も肥満も不摂生もない痛みのない身体へ。

暴力的な視覚は資格を必要とし、芸術家はフィルタのおかげで悪趣味なアイディアを思いつけないようになっている。

精神的にも、肉体的にも人を傷付けない徹底的に優しい世界。理想郷。

そんな世界に絶望した自殺者もいるが、ウエルテル効果を恐れ非公開になっている為、自殺者はほぼ認識されていない。

この、真綿で首を絞めるような、優しさに息詰まる世界に徒なす日を夢見るミァハ。

彼女が求めたユートピアとは・・・。

 

 

殺さず生きるべきか殺して生きるべきか、それが問題だ。

「Watch Me」をインストールしてる人間の中脳に誰に断りも入れず張ったソースコードにより、人を殺さなければ自害させられる。

そこまでしないとこの世界を作った老人達は意識を消滅させるボタンを押さない。

意識があるから絶望する。

ならば意識など亡くしてしまえばいい。

Watch Me」が身体を守ってくれる。ライフプランナー、ライフデザイナーが人生を導いてくれる。指示してくれるソフトウェアに従えば意識など必要ない。

「この世界がこれだけ嫌だ、って人が、毎年毎年何百人も死んで、そのすべてが、自殺なんて人間としてあるまじき最低の行為をしたって、そんなふうにかわいそうに蔑まれてても、それでも人間は意志を、意識をなくしてしまうべきじゃないって。わたしはそんなのおかしいと思った。わたしは何とかしなくちゃ、って思った。わたしは毎年無為に命を落としていく何百万の魂のために、魂のない世界を作ろうとしたの。」御冷ミァハ 

 結局どんな理想郷だって自殺者は出る。けれどそれは許されない。自殺は許されない。

 なぜ許されないのか?それは山田花子さんのこれが真理?

 

わたしがわたしであること

私の職場では交換ノートみたいなのがあって、毎日ひとつお題があってそれに対してコメントするっていう簡素な大学ノートなんだけどそうゆうものがあります。

その中で「入れ替わるなら誰になりたい?」ってお題がありました。

皆は、モデルさんになりたいとかディズニーのプリンセスになってお姫様の公務をしたいとか、鳥になって自由に空を飛びたいとか書いてたのですが私は全く思い当たらなかったのです。

私の中で、人生とは、私とは、積み重ねてきたものと思ってます。だから積み重ねもなしに例えばYOSHIKIとかと入れ替わっても空しいだけ・・・と思ってしまうのです。

すごく歌が上手い人と入れ替わって大きなステージで気持ちよく歌う・・・その気持ちよさに後ろめたさが絶対に生まれるなーと。

人は誰かにはなれない。だから自分のままどれだけ出来るかって事だと思うんです。

積み重ねてきたものが土台になるから納得できる。空の土台じゃ立てない。

だから私はすごく個人主義かなーと思うので意識のないユートピアディストピアでしかないです。

じゃあ無感情かというと。↓

感情はテクスト中に埋め込まれたetmlで文脈が要求する感情を造り出す方法のみが、人間の脳に残された種々の「感情」という機能を生起させるトリガーとして存在している。

虐殺器官でいう「痛いということがわかった」というのと同じで「悲しいということが起こってるため泣く」「怒りが起きる場面だという事がわかったので怒る」というロボットと同価値になった人間。

それって人間必要なのかな?わたしがわたしでなくなって死ぬことも出来なくなってそれでも生きてる必要はあるの?人間絶滅した方が良くないか?

 

迷いも、選択も、決断も存在しない、限りなく天国に近いものに。

ナルトの「無限月詠」かーっ!

え?一緒ですよね、基本思想・・・幻術だし・・・

「この現実はチャクラという力によって無限の苦しみを強いられている。
力があるから争いを望み
力がないからすべてを失う。
俺はそれを乗り越えた新たな世界をつくる。
限月読により忌まわしきチャクラなき夢の世界をつくるのだ。」 マダラ

 あーナルト読む前にハーモニー読んでたら分かったかな?マダラの計画。

どうしてそんなに白か黒かの二極思考なんだろうと思うのですが、どうでしょう?

思うのはミァハもマダラも自分以外の人間を、世界を信じられないんだろうなということです。

そのくせ世界を愛してる。本当は人間が好き。だから救いたいと思ってる。

ここら辺 Dir en gray の「C」の歌詞が浮かんできます。

実際 愛したい 目の前の世界を

実際でももう・・・

話が脱線しすぎてすみません。天国のアダムとイヴは意志を持ってしまったばかりに楽園から追放された。

そして私達は罪人の子供であり、世界は流刑地。そんな流刑地を天国にしようなんて神様は嘲笑っていらっしゃいますか?

それともよくやったと褒めてくださいますでしょうか?

 

人は何故生まれたのか?

何の為に?争う為に?奪い合う為に?

私は自分にとってどんな世界がユートピアなのかまだわかりません。

私は海外に行ったこともないし、日本以外の友達がいないので、妄想でしか世界の事は分りません。

毎年毎年死に向かっていく中で考えていつか納得できるような考えが生まれればなーと思っています。

 

思わずドキッとした言葉

 「フィクションには、本には、言葉には、人を殺すことのできる力が宿っているんだよ。すごいと思わない」御冷ミァハ

ウェルテル効果についてのミァハの台詞。

内容がフィクションだろうが、話し方、書き方で人の深層心理に入り込んで来てどんどん侵食してきます。逆に入り込めない話は本物だろうが人を動かすことは出来ない。

伊藤さんが言葉に対して畏怖の様なものを感じているのか、二作品見て「言葉とはなんだろう」と思ってる私がいます。

もっともっと伊藤さんの作品、伊藤さんが思う世界を観たかったです。

近い内に屍者の帝国を読む予定です!

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)