深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【旅行記】初海外はカンボジア①~荷物や費用やあれこれ~

f:id:xxxaki:20161120215534j:plain

2016年11月の初めにカンボジアへ親友と女二人で行ってきました。

職場や家族、友達に「カンボジアに行ってくる!」というと

「なんでカンボジアなの?(笑)」

「大丈夫なんですか?」

「女二人で大丈夫?気をつけてね」

「荷物に白い粉を入れられないようにな!」←父

という返答で「いいね~!」的な意見が皆無でしたw

 

何故カンボジアに決めたのか

 

f:id:xxxaki:20161120214817j:plain

 

日にち・安さ・世界遺産です!

このチラシを見るまでカンボジアなんて全然考えてませんでした。

むしろ北海道に行こうとしていました。

ただ国内が高く、海外が安かったので海外に行ってみようじゃないか!!という事になったのです。

 

最初はベトナム・香港が近くて安いかな~と思ったのですが、HISの方に

世界遺産が見たいならやっぱりアンコールワットじゃないですか?」とパンフレットを見せられ

「「カンボジアでお願いします!!!!」」となりました。笑

ちなみに女性でアンコールワットに行く人はかなり多いらしいですよ。

遺跡って惹かれるんですよね、やっぱり小さいころからの刷り込みでしょうか(ラピュタ・・・)

 

3泊5日旅行に持っていったもの

f:id:xxxaki:20161120215131j:plain

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 海外用WiFi
  • 充電器
  • ウエットティッシュ
  • 汗ふきシート
  • お菓子(アルフォート、CHOICE、VIXXのど飴)
  • 筆記用具
  • お尻に敷くマット
  • 使い捨てスリッパ
  • 使い捨てショーツ
  • 使い捨てTシャツ
  • 下着
  • 捨てたいフェイスタオル×3
  • 捨てたい靴下×3
  • サンダル
  • ホッカイロ
  • 脚爽快シート
  • ビタミンCパック
  • サングラス
  • 日焼け防止ハット
  • 保冷剤を首からかけるヤツ
  • 3日分の泊まり様シャンプーリンス
  • 常備薬
  • 日焼け止め

大体こんな感じです。

♦マークは100均です。

出発は11月ですがまだそこまで寒くなかったのでチノパンにユニクロのウルトラライトダウンを着て出ました。ズボンに関しては現地調達すると決めてたので持って行きませんでした。

機内は寒いのでウルトラライトダウンかなり使えました。

 

要らなかったもの

ベトナム航空でかなり貰える。これで賄える。

f:id:xxxaki:20161120215153j:plain

  • 汗ふきシート

カンボジアは汗をすごくかくらしい!と思ってたのですがじんわりかく程度で日本より全然快適な厚さ。使わなかった。

  • 脚爽快シート

⇒あんまり効果がわからなかった。

  • サングラス

⇒コンタクトが辛かったので眼鏡をかけてたので要らなかった。

目が弱い人は必要かもしれないがほぼ皆してなかった。

 

持っていったら助かるもの

  • 洗剤

⇒友人が持ってきたのでアンコールワット観光の夜に一度洗濯した。カンボジアは上着は汗、ズボンは砂埃で汚れるので荷物を持ちたくない人は洗剤がいいと思う。

ホテルにランドリーサービスもあったが高かった。

 

  • パジャマ

⇒ホテルにはバスローブしかなかったので、服とは別にTシャツ等持っていくと寒い思いをしなくて済む。

 

持っていってすごく良かったもの

  • 使い捨てショーツ

これはかなりイイ!!!です。友人はカブレが気になるから買わなかったと言ってましたが柔らかい素材でゴワゴワしておらずかなり快適でした。

なんてったって捨てられるし。

 

  • ビタミンCパック

カンボジアは終始日が出てるので夜に美白ケアをするのが吉!と思い美白パックにしました。美白じゃなくてもパックを持て行けば化粧水とか持ってかなくて済むので楽。

これにニベアで過ごしてました。

 

  • お尻に敷くマット

買いものに行った100均にネックピローはなかったのですが、これがあったので買ったというあまり期待してなかったのですが、かなり助かりました。

機内で同じ姿勢でずっと座ってるのでお尻と太ももの付け根が痛くなってしまったんですね。そこでこれを使ったところかなり楽になりました。

でも機内でずっと眠れる人はいらないかもしれません。帰りの便はぐっすり寝てたので使いませんでした。

 

カンボジアVISAは3分で取れた。

現地でも取れるし、現地の方が安いらしいのですが、今回一応ツアーだったので先に取っておくようにと念を押された為、赤坂のカンボジア大使館で取ってきました。

 

カンボジアの大使館HPで申請用紙のダウンロードが出来るので、あらかじめコピーして記入しておきます。

ちなみに私はプリンターを持っていないのでこういう時はセブンのネットプリントを愛用しています。

もうプリンターも必要なくなる時代が来るかな?と思うけど今はほとんど写真のプリントアウトに使われているのでどうなんですかね。

脱線しましたが、何箇所か修正液で書き直したりしましたが何とか記入して9:45位に到着。

中には2人の夫婦らしき男女がテーブルで申請書を書いている位で空いてたのですぐにパスポートと申請書を渡しました。

30秒くらいでいくらだよ~と言われ、VISA代金を支払って終了。

3分かかったかかかってない位で終わりましたw

ちなみに、大使館の周りの枯葉を掃除している人がいて「こんにちは」と声をかけたら「コンニチハ~」と返してくれました。

 

 

 結局いくらかかったのか

  • 基本料金 59,800円
  • ホテル上乗せ代 10,000円
  • カンボジア出入国税 2,750円
  • 成田空港施設使用料 2,090円
  • 成田旅客保安サービス料 1,040円
  • Wifi5日間レンタル料金 2,800円(友人と二人で一台)
  • カンボジアVISA代 3,700円
  • お土産&飲食代&観光料 20,000円
  • 旅行準備用雑費 4,887円
  • 前泊ゲストハウス代 2,600円
  • パスポート代 11,000円

TOTAL 11,9267円 でした!!

最初北海道5日間位で計画してた時に最安値11万って言われたので海外でこれくらいで行けたなら良かったです。

初めてだったのでパスポート代やら雑費やらかかってしまいました。

 後、ホテルがスタンダードだともっと安かったんですが不安だったので上乗せでいいとこにしてもらいました。

 

基本料金59,800円の中に3日分の朝食代、2日目の昼食代、アプサラダンスを観ながらの夕食代、アンコールワットの入場料、マンゴージュースのサービス。お土産屋への寄り道も入っています。

ちなみに私達はオプショナルツアーは一切申し込みませんでした。

丸2日の自由行動でほかの人は結構ツアーを組んでましたが、せっかくだからトゥクトゥクに乗って交渉したりしたい!!!!と思い、丸2日同じドライバーに案内してもらいました。

すっごく楽しかったんですよ。また別の記事に書きます!

 

とりあえずカンボジアめっちゃ楽しかったです。

また行きたいです。今度は噂のカンボジアのゲストハウスに泊まりたいなーと。

今回はアンコールワットのあるシェムリアップのみ旅でしたが、次はプノンペンに行きたいなーと思ってます♪