深夜図書

毎日23:30更新の書評ブログです。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ニンフォマニアック~愛してるから感じない、愛と快楽は似て非なるもの~

f:id:xxxaki:20170125214120j:plain

≪内容≫

自らを色情狂と認める女性の半生をVol.1、Vol.2の2部構成で描き切った作品。全編至るところに盛り込まれた過激なセックス描写にとどまらず、物語、映像、演技、ディテールのあらゆる面で、前代未聞のサプライズに満ちた衝撃作となっている。

 

所詮、お前ら人間ごときは罪人の子なんだよ!

どんなに悩み苦しみ努力しても、罪人の子は罪人!

どれだけ綺麗に着飾っても汚い人間なんだよ!!

 

って天界で天使が嘲笑っているように感じました。

人間がどう足掻いたって無駄なんだよ!という天啓かなとさえ思いました。

 

あ、この映画めっちゃ面白かったです。

外国の俳優さんてほぼ知らないけど、みんなめっちゃ良かったです。(ちなみに監督も奇才とは知らなかった)

山田孝之級の濃いキャラがたくさんって感じでした。

最初にセックスしまくってる美女はモデルさんらしいです。

ですよね!だってめっちゃ美しいもの!やめて!女性の裸体の基準があなたになったらどうしてくれようよ!

嘘だよね!向こうの国の平均の裸体はもっと下がるよね!?

下がってくれ!!

 

 あと、シャイア・ラブーフ演じるジェロームがいつも怒るとき静かで逆にめっちゃ怖かった。

なんだろう、やっぱりアジア映画にある安心感がなかった。

邦画とか韓国の映画で男の人が静かに怒っててもそこまで怖くないのは、多分ある程度何考えてるのか分かるからなのかな。

洋画って大体男の人は怒ると吠えてるイメージなので、本作の男性陣は静かにプルプル怒ったり、いきなり壁を殴ったりするのでビビりました。

あと、怒ってるだろうに言い方がやさしげというか・・・だからこそ怖い。

これはセックスセラピストの人もそう。

あと、人を殴るときに歯を食いしばる様な、なんていうか情けも容赦もなしみたいな表情と身体の動きにびっくりした。

何がと言われると分からないけど、アジアにやさしさを感じた。

アジアのやさしい男が観たい。

www.youtube.com  冒頭のRammsteinめっちゃかっこいいです。

 

日本人てほぼ無宗教じゃないですか

だから西洋の芸術を見るときに猛烈に不利だと思うんです。

不利っていうと語弊がありますけど、宗教の概念がないから、例えば「愛」についてとか「許し」とか、そういうものに対してそこまで重く捉えてないというか・・・。

私だけかな?

あと、やたら神話とか出てくるんでいちいちwikiるってことをしなくてはいけないのが悔しい。

絵画とかも、日本以外の国って宗教がおおむね背景にあるからルーツが分かっていないと胸に迫るものがない。

私は美術作品で「これが芸術だ!」とか「この絵を見てとても感じるものがあるわ・・・!」とか思ったことがなかったし、今のところないです。

最近、映画や本を読んでて芸術って宗教と密接になってるかも・・・って思ったんです。

そう思ったら、もしかして芸術を自分なりに咀嚼するには宗教や歴史背景が必要不可欠なんじゃないか・・・と。

「なんかかなしい」とか「なんか素敵」と思うことは合ったんですが、それってすごく薄っぺらいなって自分で思ってて。

それが正解だろうが、世間から見たらバカげてる感想だろうが、自分で咀嚼出来た感想なら納得出来るなぁと思って。

 

というわけで、二巻とも二回観ました。

合計八時間です。

そこで感じた私なりの解釈を書きつづっていきたいと思います。

 

 

 

愛は物事をゆがめる

f:id:xxxaki:20170125234008j:plain

愛は物事をゆがめる
愛は求めてもいないものよ
エロスは男に強く求めていたけど
あんな愚かしい愛は・・・屈辱的に感じたわ
愛は不誠実なものだから
エロスは"イエス"と言うこと
でも愛は嘘をまとい最も低俗な本能に訴える
イエスなのにノーと言ったり
その逆も
そんな自分を恥じた
だけど制御不能だった

ジョーは言います。

愛の名の下に100件の犯罪が起きるならセックスの名の下には1件よ。と。

愛さなければ、嫉妬も苦しみも、嘘を吐くこともなく快楽だけを素直に受け取れる。

愛のないセックスでは快楽を得ることが出来たのに、ジェロームに執着するようになり、ジェロームとだけセックスをするようになったら快楽は消えてしまった。

 

Bという友人が言った「セックスに必要な秘密の要素は愛」という言葉は一般的な「愛」でしょう。

愛しているから抱き合う。

愛のあるセックスだから満たされる。

愛は美しい。LOVE&PEACE。

これが、私の思う一般的な「愛」の価値観。

 

だけど、ジョーは言う。「愛とは嫉妬の要素を加えた欲望」と。

きっと、ジョーにとっては性欲よりも愛の方が信じられなかったんじゃないかなぁと思います。

性欲はいわば人間の本能。

でも愛は?

人によって色んな形をしていて、それが本能として表れないなら、何をもって「愛」を信じればいいのか、どこにあるのか、どんな感情が「愛」なのか。

 

私は、「愛とは嫉妬の要素を加えた欲望」というのが結構しっくりきていて、「愛しているから」って台詞がどこまでも他人に干渉していい呪文みたいだなって。

 

愛してるからって、それは執着でしょう?

「愛してるから君の全てを知りたい」「愛してるから君を守りたい」「愛してるから心配なんだ」「君には僕の愛が分からないのか」「こんなに愛しているのに」

 

愛してるならどうして閉じ込めようとするの

どうして自分の型に嵌めようとするの

どうして気持ちを押し付けてくるの

どうして非難するの・・・

 

愛が、本当に美しいものなら、なぜ愛の名の下に犯罪は起きるのだろう。

それは執着とか嫉妬とか嫉みとか、そういうむきだしの欲を「愛」でコーティングしてるだけだから。

それなのに、世間は愛を賞賛する。

その愛を理解出来ない奴は悪い奴。

 

ジョーは言う。「私は悪い人間」だと。

 

 

 

私の穴を全て埋めてf:id:xxxaki:20170126230920j:plain

複雑なスケジュール管理をうまくこなした

日に10回もの性的欲望を満たすために
フルタイムの仕事もある
それでもなぜか悲しい
忙しい中、時間があれば散歩をして過ごした
繰り返される散歩は私の人生のメタファー
単調で意味がない
そう 檻に入れられた獣の動き
死ぬ許可を待ち続けている

 

 ジェロームに好意を伝える前に、ジェロームは他の女性と結婚し旅に出てしまった。

それからのジョーは更に性的欲望が増し、色んな男とセックスをするも満たされない。

しかし、散歩の途中にジェロームと再会。

ジョーはいつも通りセックスをしますが、急に何も感じなくなってしまいます。

 

愛を手に入れたら快楽を失った。

愛を取るか、快楽を取るか。

愛と快楽は似て非なるもの。

どちらもは有り得ない。

どちらかひとつのみ。

さて、どうする?

ってな具合に人間を試されてる気がします。

 

ジェロームと再会してセックスをする時に、「私の穴を全て埋めて」とジョーが言ってジェロームは文字通り全ての穴を塞ぐのですが、その後ジョーの飽くなき性欲に参ったジェロームは「私の穴を全て埋めて」に「ムリだよ」と答えるようになってしまいます。

 

愛で全ては埋められない。

快楽だけではなぜか悲しい。

 

 

 

欲望は罪なのか

f:id:xxxaki:20170126235248j:plain

私が他の人々と1つだけ違うのは
夕陽に多くを求めすぎたことかも
地平に沈む時もっと壮麗な色を見せてほしいと
それが私の唯一の罪ね

在るがままの現象の先を望むこと。

期待は罪なのか。

 

そもそもニンフォマニアックは罪なのか、という点では七つの大罪における色欲という罪になると思われます。

愛のないセックスは罪だということです。

ジョーは多分何百回も不特定多数の人とセックスしてると思うのですが堕胎描写はなく、ジェロームとの行為で初めて妊娠、出産をしています。

ということは、それまでは避妊具をつけていて、ジェロームは愛しているからつけなかったということになります。

 

最後にジョーの話の聞き手だったセリグマンがもしこの話が男の話だったならここまで悲惨になるかね?と言います。

男なら、電車の中で女を漁ろうが、色んな女とヤリまくろうが、子供と妻を捨ててSMに走ろうが、そこまで非難されたかね?

これは性差別だ!というようなことを言って、ジョーセクシュアリティを捨てると決心します。

 

童貞で性的欲求がないと言っていたセリグマン。

最後の最後にジョーを襲います。

「色んな男とヤったくせに」と吐き捨てて。

 

色欲の果てにジェロームを撃ち殺そうとしたジョー

本当に罪を背負うところでした。

論点はここなのに、性差別とか的外れなことを言い出すセリグマン。

男ならいい、女ならダメ、そんな話を4時間も聞いてきたわけではないわ!!

 

最後にセリグマンが欲に支配された瞬間。

あぁ、エデンの天使たちは大爆笑だろうな・・・と思いました。

「人間マジだっせw」

「お前ら罪人なんだから足掻くなよw」

「善人ぶった奴もニンフォマニアックも結局人間だからw」

っていうコメディ映画にでもなってそうです。

これ喜劇って、エデン視点でしょ?

人間視点だと、あまりに救われない。

人間の汚さ、愛の薄っぺらさ、欲望の末路、バットエンドに次ぐバットエンド。

 

でもこれが、すごく真実味がある。

人間の汚さ、愛の薄っぺらさ、欲望の末路

まさに、歴史が裏付けてる。

 

4時間が全然長くない。

むしろ、4時間でこれほど内容が濃い作品ってすごいなぁと思う。

 

これ、面白いですよ。

ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [DVD]

ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 2枚組(Vol.1&Vol.2) [DVD]