深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【書評】なぜか人を「魅きつける人」~なぜ?というちょっとした好奇心で人生は十分に楽しめる~

≪内容≫

人を生かす人、「遊び心」が大きい人、やわらかく人と会う人、メリハリのある人、人の機微がわかる人、ほどのよさが見える人―。人を魅きつける人になるための97の方法。

 

本棚の整理をしていたら出てきた本。

本を買う時にいつもブックカバーをしてもらうので、ふと整理を始めた時に「あれ?これなんだろう?」とカバーを剥ぐときのわくわく感。

そして「昔、こんなこと悩んでたのかな・・・」と嬉し恥ずかし昔の自分とご対面。

ちょっと恥ずかしい。

何歳のときに買ったのか、どんな心境で買ったのか、ブックカバーに書いておけば良かった。

さすがに心境を書くのは恥ずかしいから(誰も見ないのに)これから日付だけは書こうかなと思います。

 

83/いくら水を汲んでも、底には穴が開いている

f:id:xxxaki:20170218212359j:plain

たしかに「暇そうにしている人」よりも、「忙しそうにしている人」のほうが一見、充実感がありそうに見える。じじつ、それが幸福であるという一面もあるのだろうが、そこで好んで「多忙な生活」を背負い込むようなことをすれば、ポタッポタッ・・・と、とめどなく漏水していく。 

この「いくら水を汲んでも、底には穴が開いている」というのは、常に充実を求める人ははたから見たらリア充うらやましい・・・と思われるかもしれないけど、実際は底に穴が開いているから、色んなことをしても充実感は得られないんじゃないかという話です。

 

最近ショートスリーパーとロングスリーパーの違いについて考えていました。

私は昔っからよく寝る子供で、母からよく「ほんとあんたって子は寝汚いわね~」なんて呆れられていました。学校から帰ってきてご飯まで待てずに寝て朝になるなんてことはザラでしたし、休日は12時間寝ていたり、帰省の車の中では常に爆睡(半日ほど)した挙句、ホテルや祖母の家でも一番に寝るという、まさに睡眠を貪っていました。

彼とケンカが長引いて深夜になるとケンカの真っ最中に「ごめん・・・」と言って土下座しながら寝るという、どこまでも睡魔に勝てない人間です。このあとめちゃくちゃキレられた。

そんなある時こんなに寝まくってて人生無駄にしているんじゃないかと思ったんですね。

だって起きている間って色んな場所に行ったり、経験したり出来るじゃないですか。つまりショートスリーパーの人は人生超有意義に過ごしている!と思ったんですね。

そこで、最近まで出来るだけ寝ないようにしていました。(といっても6時間は寝る)出来るだけ色んなことをしよう!と息巻いていたわけです。読書も起きている分だけ読めるし、自炊にも時間をかけられるし、運動の時間も作れる!みたいに。

 

しかし、これは自分には向いていなかった。

電車では一駅過ぎれば常に意識がないし、仕事中もウトウトしちゃうし、何より読書していても全然頭に入らないんです。

そこでショートスリーパーとロングスリーパーの違いについて調べたら、ロングスリーパーの人は深く考えるからどうしても脳を休める時間が必要と書いてあって。これだ!と思いました。

そうそう。私常に何か考えちゃうんですね。

電車で地下鉄から地上に出たときに猛烈に悲しくなったり、なぜか戻れない青春の日々を回想し出したり、最近は文学書く人ってなんで貧乏なのかについてもんもんと考えたり。

考えることがすきなので、その分寝なくちゃいけないんですね。

 

とまぁつまり、人には人のやり方があって、それは十人十色なので無理に蛇口を捻っても漏水しちゃって結局空っぽになっちゃうんだと思ったのです。

これは経験として、強く実感しました。

例えばギターの神様ジミ・ヘンドリックスやイングウェイが一日6時間練習していたと聞いて、じゃあ一日6時間練習しよう!と思っても、それが出来る人間もいれば出来ない人間もいて、じゃあ出来ない人間は才能がないのかというとそうではないということです。

だって私は私だし、身体の作りも思考回路も生活リズムも全く違うんですから集中力の限度時間が違うのは当たり前なんです。

だから集中力散漫な6時間を過ごすより、自分の限度を知りそれに合わせて練習するのがあなたのベストになるんです。

ちなみに私の集中力は30分です。激短です。

これも最近分かったことなんですが、1時間無理に勉強するより30分にした方が結果、楽しいから続くんです。

苦痛が生まれると漏水します。

それを痛感してから、他人がどんなに多忙なリア充生活をしていても全く何とも思わなくなりました。

他人は他人。

私は私。

 

色んなことをジャージャー詰め込んでも漏水しちゃ意味ないし、それだったらポタポタと一滴ずつ大切に積み重ねていきたい。

 

 

 

33/自分への素直さが、「得な人柄」をつくる

f:id:xxxaki:20170218221049j:plain

人柄というのは不思議なもので、たとえば、ふつうなら強くいさめられなければならない失敗やそそっかしさも、その人の「得な人柄」という魔法のフィルターで濾過されると、他人の目には「愛敬」となって映ることもある。

私は私を叱ることで、間接的に他のメンバーにも伝えるという何ともスケープゴートのような立ち位置に置かれることが多いです。

後は他の人が注意されない些細なことを注意されたり。

これも↑のような魂胆ゆえかもしれませんが、私としては「ハァ?」という気持ちになります。みんなは言われないのに私だけ・・・という。

しかし、裏を返すと「まぁこいつにはキツく言っても大丈夫だろう」というのが相手にはあって、それはつまり精神的に図太いというか、気にしない性格ということを見越された結果だと思っています。タシカニ・・・

そしてこれは私の中では長所だと感じている部分です。

会社だけでなく友人関係でも「本当はあのときこう思っていた」とか「実はこう言われるのは嫌だ」とか、なぜか私は不平不満を言われることが多かったんですね。

人が直接言えない不平不満を聞くということは、「笑っていても実はこんな些細な言葉が相手を傷付けているんだな」ということに気付くきっかけになったし、仕事では何言われてもめげないので可愛がってもらえたり仕事を教えてもらう機会が多くなったり、とりあえず利点もあるのです。

 

悪く言うと「文句言われる人」なのですが、私の中では利点のほうが大きいんですね。だから「分かりました」と素直に受け入れたり「気付かなくてごめんね」と素直に謝ることが自然なんです。

結局「得な人柄」っていうのは、どんだけ利点を大きくできるかってことな気がします。

だって得より損の方が大きかったら素直になんてなれないもんね。

人柄は得な方がいいです。

そんで得を作るのは自分です。

 

 

16/「生きている人」だから、さまざまな表情をする

f:id:xxxaki:20170218223752j:plain

うへへ

うれしいことがあったときは、素直に喜ぶ顔を見せることができる人。楽しいときには、楽しそうな顔をしてくれる人。悲しいことに出合えば涙を流し、腹立たしいことには不満そうな顔もする。そのような豊かな表情を持つ人には、その人が「生きている」という実感が伝わってくる。

その生命感、躍動感に、人の心は魅きつけられるということだろう。

 これに尽きる。

よく「笑顔が大事!」をモットーにしている人で、どんな些細なことでもどんなくだらないことでもいつも笑顔、ニコニコニコニコしている人がいます。

こういう人、その日限りなら印象は良く気持ちのいい人です。

だけど、長く付き合うことは無理!

だって何考えてんだか分かんない。

似た例で「否定しない」をモットーにしている人。

どんな意見にも「いいね」「そうかぁ」「そうだね」と返す。

例えばAという「漫画好き」に会えば「私も好き、あれ読んでた~!」と盛り上がる。

そこに「漫画読めない」というBが現れる。そうすると「わかる!字が細かくて疲れちゃうんだよね」と切り返す。

こうなると全く本心が分からない。

しかも本人には矛盾の自覚が全くない。

なぜならその人が大事にしているのは「否定しない」ことだから、それ以外のことには無頓着なのだ。

 

こういう自分ルールがある人が一番気持ち悪い。

話していてもどこまで本心なのか、寧ろ話す気がないから適当なことを言っているのか・・・と相手に疑念を抱かせる。

例えば悲しいときと一口に言ってもそれは人によって違うわけです。

だから自分が悲しいと思えば悲しい顔になるし、何とも思わなければふーんって顔でいいわけです。

それを「悲しまなきゃ!」みたいになると、他人基準の表情になってしまうので相手はいよいよ何考えてるんだか分かんなくなるんですね。

 

しかし世の中にはなんでも肯定されたい人、自分の悲しみは皆の悲しみばりに思っている人がいるので、その人の意にそぐわない表情をして「人でなし」などと罵られ傷付いてしまうこともあると思う。

まだ不安定な思春期前~思春期にこういう事態に出合うと、自分の感情を素直に表す事が不安になってしまうと思う。(しかも大人になってもこういう自分が中心と信じて疑わない自称善き人がいるのが腹立たしい。)

 

生きるって楽しいことばかりじゃないし、やるせなさとか怒りとかそんなものの方が多いと思うんですよ。

怒ることは出来ていない人間のすることで愚痴を言うのはやめましょうとか、美人は常に笑顔とか、そんなの夢物語です。

楽しいと思えるのは辛いことがあることを知ってるからだし、嬉しいのは悲しいことを知っているから。

やるせなさとか怒りは、他者と共に生きていると分かっているから生まれるんです。

 

だから愚痴ばかりでもダメだし、笑顔だけでもダメなんです。

色んなことを感じられるようになれば、おのずと色んな表情が生まれる。

つまり、色んなことを感じて生きてみましょう・・・ということです。

あ~春がきたかも

春といったら花見だな~団子だな~

何か空が昨日より明るい気がするな~

小学校のときに、こんな空を見た気がするな~

とか。

こういう何にもならないことを考えていると、一人でもニヤニヤしたり急にセンチメンタルな顔になったりします。

私はこういう人が大好きです。

見てて飽きないから。

そして、他人に左右されていないから。

 

人を魅きつける人。

それは自分を生きている人。

怒りも喜びも自分から生まれ、自分で消化することができる人。

私はそう思います。