深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】沈黙ーサイレンスー~その土地では咲かない花がある~

≪内容≫

なぜ弱きわれらが苦しむのかー

原作 遠藤周作「沈黙」×監督 マーティン・スコセッシ
構想28年。
戦後日本文学の金字塔が、アカデミー賞®監督の手で完全映画化。
「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す渾身の超大作。

 

 

中学で「踏み絵」っていうキリスト教弾圧は習ったんですけど、「はい、これが踏み絵ですね~キリストの絵を踏ませてキリスト教信者かどうか判断していたんですね~はい!次は~」みたいな感じで、割とさらっと終ったところでした。

 

そして私の高校の修学旅行は長崎と島原だったんですけど、島原の日に班のみんなで「なにここ、なんもないじゃん!」っていう落胆を感じた場所でもあります。

 

もしこの映画を見たあと行っていたら、「やばい、あの拷問がこの海で・・・」とか思っていたかも。

 

本作は拷問と踏み絵がめちゃくちゃ出てきます。

歴史映画ですが、宗教映画ではなく、信仰をテーマにした映画・・・になるのかな。

160分と長いけど、苦ではなかった。

 

なぜ日本でキリスト教が根付かなかったか気になる人は見てみると面白いと思います。

 

 

 

 

なぜキリシタンは弾圧されたのか

f:id:xxxaki:20170916153621p:plain

この映画すごく良かったです。

見る前は、キリスト教弾圧ってもっと暴力的なものだと思っていた・・・というか力づくでキリシタンの信仰を奪っていたのだと思い込んでいました。(実際のことは分からないわけだけど)

 

それは政治的な意味合いで奪われたものだと思っていました。

その理由は、江戸時代という時代に日本人がキリシタンになっちゃったら、鎖国解けやーって無理くり入ってきた欧州の言いなりになっちゃうからだと思ったんです。

 

日本人のほとんどがキリシタンになったら、海から来る白人を「司教様キター!!!」って感じで熱烈歓迎するじゃないですか。

ましてや日本は天皇がいるのに。

 

そうなれば欧州からしたらしめたもんですよね。

日本にバンバン輸入しにきて、日本はどんどん外国に侵されていく。

そうなれば日本のものが売れなくなる、日本人の生活が崩れる。

欧州の人間がアジア人の違いが分からないように、日本人だって誰がどこの国で、司教か司教じゃないかなんてわからないわけです。

 

そうなると無法地帯になってもおかしくない。

しかも日本は島国で、他国から攻められるという経験に乏しいため、好意的であったのではないか?と勝手に思っているため、ここまで厳しい弾圧を行ったのかなと私は考えます。

 

 

 

 

 

改めさせるということ

f:id:xxxaki:20170916152149p:plain

仏の道は人に尽くすこと
キリストもそうだろ
どちらも変わりはない
一方に引き入れなくともよいのだ
似ているのだからな

私がびっくりしたのは、政府が決してキリスト教を非難、否定していたわけじゃないということです。(実際は分からないけど)

 

この物語では、なぜ人々がキリスト教を信じたのかは描かれていません。

布教行為もありません。

なので、村人たちがなぜ熱心なキリシタンになったのかは分かりません。

 

キリシタンである村人は、踏み絵や十字架に唾を吐きかけろ!という命令にどうしても従うことができず、処刑されていきます。

それを見た司教は「踏み絵をしていい!踏め!転べ!」と言いますが、それでは意味がないのです。

どんどん目の前で殺されていく日本のキリシタン達を見て、司祭は分からなくなってきます。

f:id:xxxaki:20170916155041p:plain

"キリスト教国 日本"という身勝手な夢で
デウスはお前らを通じて日本を罰してる!

救うために日本にきたのに、自分たちが来たせいで、殺されていく村人たち。

死んでいくのは自分を信じてすがってきたものたちです。

そして自分は罰せられずに見ているだけ、祈るだけ。

祈るだけでは何にもならない。

 

それでもまだ司祭はどうしたらいいのか、神の言葉を待ち続ける。

 

 

 

 

なぜ日本でキリスト教が根付かなかったか

f:id:xxxaki:20170916160601p:plain

人間を超えるものはないのだ

だけど新しくきた司祭は目の前で何人もの殉教者を見ているのです。

そんなことは信じられない。

日本人の中にも自分たちと同じ神を信じるものがいると主張します。

しかし、棄教した元司祭は言います。

 

キリスト教の信仰を守り死んだのではない

皆お前のために死んだ」と。

 

日本人の信じるという意味と、司祭たちの信じるという意味のニュアンスが違っていた、ということになります。

同じ「信じる」だけど違う。

 

見えないもののため、自分のために殉教したのではなく、自分を救ってくれた生きている人間のために死んだのだと。

 

役人たちは踏み絵をさせるとき、「こんなのは形式だから、ちゃっちゃと済ませようぜ。俺もこんなのめんどくさいしどうでもいいしさ」みたいな感じで語りかけます。

 

だけどキリシタンは耳を貸しません。

宗教の危ないところはこの耳を貸さないことにあると私は思う。

自分が信じている宗教を信じている自分を信じているから、他人がどうこう言っても意味がない。

そういう宗教は本人だけじゃなく他人にとっても危険です。

宗教に限らず、他人の意見に耳を貸すことができない人物って危険に感じませんか。

 

私は宗教に関して興味はあれど、他人にあれこれ介入はしたくないし、否定もしたくありません。

だけど実際問題、危険に陥る場面というのは、本人が他人の意見に耳を貸さない状態になったときに訪れると思っています。

 

信じるとか信じないとかは役人にとってはたぶんどうでもいいことだったんだと思います。

ただ耳を貸すか、貸さないか、だけだったんじゃないかな、と。

 

 

 

信じることは自由です。

だからそれをいちいち提示しなくていい。

「沈黙」とは、そういうことだと私は感じました。

誰にも知られなくても、口にしなくても、自分の中で信仰は生き続けられるし、沈黙することで、血を見なくてもいいなら、危険をおかしてまで、或いは命をかけさせてまで、行う必要はない・・・と思いました。

 

人の心に干渉してはならん。

人って弱い生き物だから、強い言葉や、影響力がある人間が発する言葉でかんたんに揺らいでしまう。

だからこそ、語る人間、教えを授ける人間、ただのコミュニケーションの中の会話だって乱暴に扱ってはいけないよなって、すごく思います。

沈黙 -サイレンス-(字幕版)

沈黙 -サイレンス-(字幕版)

 

 遠藤周作の作品全部読みたいなって思いました。