深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】エゴン・シーレ 死と乙女~エロス芸術はポルノなのか?~

≪内容≫

美とエロスの天才画家、エゴン・シーレの半生を映画化した伝記ドラマ。1918年冬、第1次大戦下のウィーン。スペイン風邪が猛威を振るう中、シーレの身を案じた妹のゲルティがアパートを訪ねると、そこには重体に陥った兄が横たわっていた。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

ポルノかエロスか

f:id:xxxaki:20171105154400p:plain

エゴン・シーレが生まれたのが、1890年。それから7年後に後に「エロティシズム」を

出版するバタイユが生まれる。

シーレはオーストリアで、バタイユはフランスで生まれました。

 

1890年代の欧州ではエロスについてなんか起こってたんですかね?

 

この映画を見るまで、エゴン・シーレという作家も、絵も見たことがなく、私にはあまりピンとくるものがありませんでした。

 

彼は少女~女性の裸を主にスケッチしていました。

なので、もちろん紙には裸だったり、局部が描かれている少女がいるわけです。

それを「ポルノだ」と言われ、目の前で燃やされてしまうのですが、そもそもエロスってなに?って思いませんか?

 

こういうって美大とかに行ったら勉強するんですかね?

wikiを読んだけどちょっとよく分かんなかった。

 

エロスと死が結びつくのは分かるんですが、エロスとポルノがどうやったら紙一重なのか分からない。

いや、もちろん作中でシーレが言ってましたが、裸の絵の方が高く売れるし、宗教画の裸の女性を模したステージとかがあるわけですから、裸が純粋な美を超えて、性的な欲望を掻き立てるのは分かります。

 

だけど、じゃあ性的な欲望って汚いのか?ってことになりません?

え?そうやって皆生まれてきてるのに?

愛し合うのはスバラシイって風潮なのに?

 

 

この作品、全くと言っていいほど私にはよく分からなかった。

そもそもエロスかポルノかを決めるのって観てる側だと思うんですよ。

まぁだから裁判官が「これはポルノじゃ!」と判決出しちゃっても仕方無いし、それに対してシーレが「芸術じゃボケェ!」と言うのも、どっちも正しいというか。

 

人間やっぱ美しい人っているじゃないですか。

私はダルビッシュ有さんとか芸術だわ~とか思って見ちゃいますし。

女性なら尚更身体のラインが美しかったりすると、見惚れるわ~とか思う。

男女問わず子供の肌の美しさにも癒されるし。

 

だけど、興奮したりはしないんですよね。

「綺麗だなぁ・・・」って感嘆する感じというか。

 

しかもシーレが描く絵は、モロ出しではありますけど、めっちゃ美人に描いたりはしていないと思うんですよ。

やっぱりシーレが生きた時代から約100年後の世界で生きちゃってるので、感覚が違いすぎるんだろうな。

 

この時代は、女性の胸とか局部とか、そういうものが描かれているだけですごく価値があったのかもしれない。分からんけど。

 

今はもう漫画で詳しい性行為とか少女漫画でも掲載されてるのがあるから、一枚の動きのない裸体姿だけでポルノと思っちゃうほど性的興奮が呼び起こされない気がする。

分からんけど。

 

じゃあ日本のおっぱいマウスパッドとかどうなのよ、とか思っちゃう私でした。

ワンピース3Dマウスパッド ナミ

ワンピース3Dマウスパッド ナミ

 

 この作品の世界観を現実世界で考えるのはタブーなんですけどね。

よくわかんなすぎて、どうしたらいいのか困っちゃった。

 

 

でも実際「死と乙女」を目にしたら衝撃を受けるのかもしれません。

裸体ばっかり描いてたわけじゃないと思いますが、女性ってそれだけで美しいとこありますよね。

f:id:xxxaki:20171105161324p:plain

キレた女性に跳ね飛ばされたあとこんなこと言える?

言われた方もびっくりするけど、もうそんだけ絵が好きならいいよって気持ちになりそう。 

エゴン・シーレ 死と乙女 [DVD]

エゴン・シーレ 死と乙女 [DVD]

 

よく分からないけど、芸術家って部外者の立場の意見としては好き。