深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】華麗なるギャッツビー~出る杭の胸の内がどれだけ純白であろうとも~

≪内容≫

宮殿のような豪邸に暮らす、謎めいた男がいる。彼の名は、ジェイ・ギャツビー。
どこから来たのか?どうやって大富豪になったのか?仕事は何をしているのか?いったい何のために、毎夜のように豪華絢爛なパーティーを開くのか?
誰一人その答えを知らない。
「真実を話そう」と、ギャツビーは隣人のニックに、自らの生い立ちを打ち明ける。
裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮しを送った。戦争では数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身……。
出来すぎた話に、「彼は何かを隠している」と直感するニック。
やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そして上流社会の女性との禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていく。
ギャツビーがこの街にやって来た、本当の目的は?果たして、彼が人生のすべてをかけた<秘密>とは――? 。

 

 

 

小説を読んでから映画を観ました。

1974年と2013年のものがあって、悩んだんですが・・・レオ様が好きなのと、デイジー役の女優さんのキュートさで2013年を選びました。

すごくすごく良かったのですが、1974年版も観たくなってしまいました・・・。

というのも、そもそも小説を読んで時代背景があまり想像出来なかったので映画に助けを求めたので、2013年版が綺麗過ぎた、と少し思ってます。

もちろん、1922年のNYを再現してるんだとは分かるのですが・・・映像が綺麗過ぎて、もう少し時代が近い1974年版も近々観たいと思います。

 

レオ様は今回も水に入ってます。

こうなったら出演作全部観たいわーって気になってます。

「太陽と月に背いて」が特に観たい。

 

 

 

 

 

戻れない過去に向かって

f:id:xxxaki:20180401231211p:plain

二度と戻らない 

 これはデイジーの言葉なのですが、これが人生のセオリーだと思うんですよね。

誰もが「あの頃は・・・」と過去を懐かしんだり、振り返ったりする。だけど、それがもう一度やり直せるとは思わないですよね。

どこかで、過去は過去。もう終わったことで、後悔しようがどうにもならないことなんだと見切りをつける。そして、それが、後悔しないように生きなければならないという教訓に繋がっていく。

 

この感覚は私の大好きな「なごり雪」の歌詞にすごくリンクしてる気がして。

なごり雪も 降る時を知り

ふざけすぎた 季節のあとで  

なごり雪

なごり雪

 

 もう、戻れないことを分かってる。こういう名曲ってすごく多くて、例えばカーペンターズの「Yesterday Once More 」もそうだし、アデルの「HELLO」もそうじゃないですか。名曲になるのはほとんどの人がその感覚を共有出来るから。

 どこか、悲しくて、切なくて、でも持ったままでは生きていけない。前を向くためにどこかにしまいこんで、たまにこっそりと取り出して泣くような、そういう気持ち。

 それが人に影を落とすし、深みにもなる。

 

だけど、ギャッツビーは違った。

f:id:xxxaki:20180401232711p:plain

過去に戻って、五年前に失った場所からやり直そうとする。

人が感覚的にあきらめてしまうものを、彼は持ち続ける。

f:id:xxxaki:20180401233141p:plain

このシーンすごく切なくて大好きです。ちょうど一時間経ったあたり。

ギャッツビーが自分の城にデイジーを呼んで、棚のシャツをデイジーに投げまくるんです。BGMもすごくいい。

やめてと言われても溢れる気持ちが止められなくて、シャツを投げまくっちゃうギャッツビー。

f:id:xxxaki:20180401233437p:plain

そのシャツを下のベッドの上で受け止めるデイジー。

このデイジーがね・・・ほんとうにキュートで、もう・・・ほんとうに魅力的、惹かれちゃう。声もすっごく可愛いんです。外国の女性って声がくっきりしてるというか、大体強いんですけど、このデイジーはちょっと舌ったらずで可愛いんです・・・。

もうそういうところもほっとけなくてね、忘れられないよね・・・とか思っちゃう。私が男だったら絶対惚れる。こういう可愛くてどこか切なげで弱々しい女性には。

 

最初はすっごく楽しそうに遊んでいた二人ですが・・・

f:id:xxxaki:20180401234059p:plain

デイジーは悲しくて泣きだしてしまう。

ギャッツビーには理由が分からない。

 

デイジーに投げられた大量のシャツが五年分のギャッツビーの思いだとしたら。五年分の彼の分身。デイジーには受け止められない。

だってもうデイジーは結婚して子供もいる。もう過去には戻れない。

再会した今がどれだけ楽しくてどれだけ輝いていても、今と五年前では何もかもが変わってしまっていた。

f:id:xxxaki:20180401234737p:plain

しかしギャッツビーはただデイジーと再会したいと思っていたわけじゃない。彼の目的は五年前からやり直すことなのだから。

それはデイジーに多くの負担を強いた。

f:id:xxxaki:20180401235042p:plain

ギャッツビーはデイジーをずっと愛していた。そしてデイジーも彼を忘れられなかった。しかしデイジーにとって、ギャッツビーは忘れられない人であり、今の夫であるトムは愛する人でもあった。つまり、二人を愛していたわけです。

だからデイジーはあの頃はあの頃で楽しかったし、今は今で楽しいじゃない?あなたは違うの?という気持ちなのです。

 

だけどギャッツビーは違う。失われた五年間を埋めるためにはデイジーがトムを愛していたなんてことはあってはならない。デッドオアアライブならぬ、トムオアギャッツビーみたいな感じです。

f:id:xxxaki:20180401235437p:plain

そこに忠告をするオールドスポートのニック。

今更ですが、ニックが語り部であり、読者目線の人物です。この人どっかで見たよな~と思っていたらスパイダーマンの人だった。

f:id:xxxaki:20180401235704p:plain

様々な過程を経て、デイジーは苦しむことになる。

すっごい矛盾だけど、こういう場面で泣いて崩れるような女性じゃないなら、最初からトムと結婚しないでギャッツビーを待っていられたと思う。

それか、トムを選んだら腹を決めてギャッツビーとは復縁しない。

だけど、そういう状況や環境に流されてしまう弱さも含めてギャッツビーはデイジーが好きなのだと思う。

 

f:id:xxxaki:20180402000204p:plain

正直、小説だけではあまり入り込めなくて、「あ~切ないな~・・・うん・・・」みたいな、あんまりしっくりこなかったんですが、映画を見ると倍増しました。

だけど何回か繰り返し読むことで更に読み込める内容だと思ってます。

 

 

f:id:xxxaki:20180402000503p:plain

ニックの言う通り、卑怯なやつも、他人を利用するやつも、無責任万歳なお天気野郎もみんなみんなクズだと思う。

ギャッツビーが悲しすぎると思う。

 

だけど、個人的にはクズ側の弱さの方に今は寄ってしまう。

ギャッツビーが強すぎる。

歴史は繰り返すというけれど、あまりに出来すぎる人間は暗殺されたり、どうしても悲劇になってしまう。

みんな怖いんだと思う。

そのピュアさと行動力と結果を出す力が。

例えギャッツビーが欲しいものがただ一つ、デイジーだけだったとしても・・・。

華麗なるギャツビー [DVD]

華麗なるギャツビー [DVD]

 

 もうほんと不条理だなぁ・・・と思う。