深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

レーシック受けてきたのでなるべく詳細に書いてみた。

f:id:xxxaki:20181001103749j:plain

18/9/29に神戸神奈川アイクリニックさんにてレーシックの適応検査と手術してきました。

レーシック・ICLによる視力回復なら 【公式】神戸神奈川アイクリニック

 

ちなみに検査は一年前に一度受けていたのですが、一年以上経つと再検査が必要になります。

 

さよなら0.09の世界!!

こんにちは2.0の世界!!!!!

世界ってこんなに明るく見えるのね・・・!!!

 

 

 

 

 

なぜレーシックを受けようと思ったのか

f:id:xxxaki:20181002114104p:plain

 レーシックで検索したときのサジェストって全然ポジティブじゃない。特に「レーシック難民」が怖い。特に私は左目がちょい乱視だし、リスクでよく上がる「ドライアイ」もコンタクトレンズ着用時には100%起こる。もれなく頭痛と充血もついてくる。最悪である。

 だけど、受けた。

 でも、実は適応検査事態は一年前に受けていたのだ。だけどそのときにはお金の問題と不安が拭えず見送った。だけど、受けてみた。その理由はこちらです。

十年前に受けた姉のススメ

一番の影響です。

身内がやっていること、それに加え十年前に受けて後遺症はほとんどないという言葉。

「レーシックは絶対やった方がいい!怖いけど、次の日の朝、世界が変わるから!!」

と、何?レーシック界の回し者?と疑いたくなるくらいオススメしてきたのが姉だった。最初は生返事でしたが、十年経っても推されると説得力ハンパないです。

 

見えすぎることへの不安

 不安だったのは、コンタクト着用時に必ず体調が悪くなること。眼鏡も2.0まで上げるとクラクラしてしまって運転できるギリギリの度数で作ってもらっていたくらい目が見えることに対しての不安が大きかった。

 当たり前ですが、手術して見えすぎてクラクラしても、頭痛が起きても、ドライアイになってもコンタクトレンズみたいに外すことは出来ない。私は小さいときからものもらいになりやすく眼科行く率が高かったから、自分で自分の眼は脆弱だと思ってた。コンタクトレンズを作るときも何度も相談したけど、「目のカーブは綺麗だし、レンズと合ってる、乾くなら水分量が多いもので改善できます」と言われ原因は分からなかった。とりあえず自分は目の機能が良くないんだと思ってた。

普通に眼鏡がストレス

 でも、コンタクトをした自分と眼鏡の自分の顔の差がありすぎて、たまーにコンタクトすると「え?あたしってこんな顔なんだっけ?」と思ってしまう。ついつい家族に確認してしまう。衝撃だけど整形レベルで違く見えた。肌も体系もぼんやりと見える場合にはいい意味でフィルターがかかってた。コンタクトしたときの現実は厳しかった。

 年齢的に今しかないと思った

 姉が受けたのは23歳のときでしたが、私は現在30歳。

レーシックは視力が安定していない時期に受けても、視力が安定せず戻ってしまうこともあるらしく、20代中盤~30代前半は視力が安定していていい、とカウンセリングで聞きました。レーシックで老眼は防げません。誰もが永遠に2.0の世界にはいられない。どうせ落ちるなら早くやっとこ、となぜかポジティブに思いました。

 

 

検査&手術当日の流れ

10:10~検査

11:30~検査終了・カウンセリングで手術決定

開いた瞳孔を戻す目薬を二回さしてもらう。

瞳孔が戻るまでインターバルを置く。

11:40~一回目の目薬

新宿をうろうろし始める

12:40~二回目の目薬

サブナードのドトールで昼ご飯食べる

13:40~三回目の目薬

サブナードの本屋で本読んでた(読みづらいけど)

14:40~四回目の目薬

15:00くらいにサブナードを出発。病院に向かう。

15:30~五回目の目薬・病院に戻る

最初に代金と術後の目薬、鎮痛剤、やっていいこと悪いことの説明を受ける。

この時点でまだ視界が悪く、瞳孔閉じてないかも、手術大丈夫なのか?と不安になったので聞いて確認してもらう。問題ないとのこと。

当日の注意点

・メイク禁止

・前開きの服着用、脱ぐ時に目を圧迫するような服(タートルネック等)は不可。

・印鑑持参(シャチハタNG)

とはいえ眉毛がないので、眉毛だけ書いていったら、15:30の最終説明のときにお姉さんに「眉書いてます?これで落としてきて下さい」と化粧落としシートを渡されトイレに連れていかれました。厳しい。こういうときの厳しさって安心する。

 

15:45~説明が終わり、待合室で座っているとすぐに名前を呼ばれる。

手術待ちの簡易ブースに通されるとまず荷物を鍵付きロッカーに入れるように言われる。ここで靴もスリッパに履き替えてロッカーに入れる。

その後、工場で働くときに使うような髪の毛を全て入れる白いネットと白いかっぽう着を着る。この時、スマホやお財布も全てロッカーにしまう。持っているのは手首に嵌めたロッカーの鍵だけである。

 

16:00~検査をしてくれたお兄さんがやってきて目薬をしてくれる。

16:10~中に呼ばれて手術室の前のイスで待機。このとき麻酔用目薬をさされる。すぐに目が鈍くなってくる。待ってる間普通に手術終わった人がそこいらを歩いてる。手をアルコールでもみもみしている間に名前を呼ばれる。

 

16:25~時間を見たのがここら辺だった気がする。たぶん手術自体は10分程度(と説明に書いてあった)なのだけど、その後、かっぽう着を脱いだり、案内してくる人と軽く「どう?」的な会話をしたりロッカーから荷物を出したりした為、これくらいになったと思われる。

 術後は特にイスで休むとかもなく受付に寄ることもなくサッと帰りました。(だってそのまま帰っていいって言うから・・・)

でも気付いた人が「お疲れ様でしたー」と言ってくれた。

 

16:50~帰宅の電車に乗る

17:30~自宅に到着・一回目の目薬

20:30~二回目の目薬

23:00~三回目の目薬

24:00~就寝

 

 

手術は怖い?痛い?

結論から言うと、怖くないし痛くなかったです。

でも、前は「手つなぎサービス」なるものがあったらしいので、怖いと感じる人は多いんじゃないでしょうか。あのホリエモンも手をつないでもらったらしいです。かわいい。

手術中に思ってたこと

 姉の感想。

眼球拭かれてるのが見えるの!だって目だから!眼球だから怖くても目を閉じれないの!それがすっごく怖かった・・・

 私に熱烈にオススメしてきた姉ですが、恐怖はすごかったらしく

やったことは後悔してないしマジでオススメなんだけど、絶対二度と受けたくないと思ってる。

と真顔で言ってました。

それを聞いて私・・・

ワクワクしていた。 o(^-^)o

私絶叫マシーン系とお化け屋敷が無理なので、それより怖いのかな?という好奇心の方が強かった。(姉は富士急大好きマン)

 

 実際は、ほえ~( ゚ ρ ゚ )ってしてる間に終わってしまった。ほんとに口が開いてた。気付いたけど、ここで閉じたら要らぬところに力が入りそうだったからそのまま脱力してた。開くのは目だけでいんだよ!って思われてたら笑える・・・でも、何にせよスピーディーなので、わりとトロイ私にはついてくだけで精一杯だった。

はいっ!フラップつくりまーす!はい!両目大きく開けてー!・・・・はい!はい!きれいにできましたー!じゃ次行きますねー!はいっ!

 リアルこんな感じだったから「あ・・・今からフラッpえっもう終わった!?」という感じで文字にするとほんとバカみたい。ほんとにバカかもしれない。

 

 なんかとりあえず「すげぇー・・・」って感動してて、片目終わった時点で(どこか分からないけど)「え?なんかすでに光がクリアなんですけど?!」という興奮状態で、「ねえ見えてるーーー!!!(゚∀゚)!!!」と叫びたかったけど、こらえてた。

 

 実際器具もなんも見えません。

見えるのは、「IT」の四巻で描かれてるオレンジの光だけ。

「これがジムが見た光・・・・It・・・!!!!」 

とか一人で感動してた。それくらいItしか見えない。こういうとき、本当本読んでて良かったというか、助けられる。読書っていいよ、何がいいって非常事態をなぜかデジャヴか憧れのあのシーンとして楽しめる。お楽しみって後からやってくるね。

 

 大体両目で10分という説明だったので、「え?じゃあ片目5分も開けっぱなのかな?無理じゃないかしらん・・・」と思ってたんですが、麻酔目薬と強制的に開けられてるから感覚ないし、絶えず水?薬液?かなんかで潤されてるから苦じゃなかった。髪の毛覆ってるネットを越えて耳に伝ってきた。涙線が壊れて涙垂れ流しドヴァーみたいな感じでした。

 

 ちなみに何か分からないけど、「バリバリバリッ!!!」っていう結構強烈な音がした。完璧に個人的な意見ですが、誰かに何かやってもらうときって脱力するようにしてます。緊張って周りに移る気がして、失敗してほしくないから(失礼)、自分がリラックスする。医者も歯医者も人間だからね。神じゃないから。過度なプレッシャーは自分に帰ってくる気がして。だからこの音もびっくりしたけど、へえ~って思って流した。

 

 

 

術後の痛み

 手術が終わると、麻酔目薬を差してくれた看護師さんが待っててくれていた。

あまりの興奮で「どうでした・・・?」って気を使って聞いてくれてるのに、「マジ現代の技術ヤバいっすね!!!!」とデカイ声出してしまった。看護師のお兄さんは「マジすごいですよね (^^)」と優しく返してくれました。

 まあそれくらい興奮>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>痛み的な感じでした。

 

姉と私の違いすぎる感覚

 しかし私と姉の感覚が違い過ぎたので、書いておきます。

 

私→そんなに痛くない。もはや、興奮が痛みを凌駕している。術後割とすぐ見えた。白いもやもやはあったけど。そして当日にはピリついた痛みは引いた。

 

姉→痛くて帰るとき西日が辛かった。涙が止まらなくて、当日も翌日の朝もそんなに見えなかった。カウンセリングの時点で付き添いの人が必要と言われ、実際痛いし、あんまり見えないしで、とても一人では帰れなかった。いつ痛みが消えたか忘れちゃったけど、3日目の朝くらいに起きたとき、くっきり見えて感動した。

 

術後の経過

今のところ5日目までの感想になります。その後は別記事にて書いていきます!

当日(土曜日)

 帰りは一人でアイランドタワーから新宿駅東口まで歩いた。視界の周りにもやもやはあるけど、光は鮮明に見える。この日は雨だったので西日はなかったので電飾だけですが、かなり発色が美しかった。

 

 電車に乗ってから徐々に痛みが出てくる。麻酔が切れると痛みが出る、とは言われていたけど、痛み止めを飲むほどではなかった。感覚としてはピリピリパチパチと言う感じで、痛いか痛くないかの二択なら痛い。目を閉じてる方が楽。17:00くらいに目薬を差すとちょっと痛みが引いた。

 

 家に着いてテレビを見て見ると、テレビの上の方のテロップ?文字がぼやけてる感じ。真ん中の映像は結構しっかり見えてる。でもこの時点では目を開け続けるのが辛かった。お風呂禁止なので、ご飯を食べて歯磨きして、布団に横になってAmazonPrimeVideoをつける。(たぶんやっちゃだめなやつ)眠くないからしょうがない。三時間おきの目薬二回目を差してからスタート。

f:id:xxxaki:20181003221011j:plain

 三つ差すんですが間隔を5分開けるのと、差したらすぐ目を閉じて1分待って、と指示があった。謎の几帳面からスマホのアラームできっかり計る。20:00くらいに二回目の点眼でしたが、痛みがスーっと引いていったので、映画超楽しめました。

 

 三回目は寝る直前に差すと目ヤニが出るから、30分前くらいに、と書かれていたのでそれも守る。24:00くらいに寝た。

 

翌日(日曜日)

 起きてすぐ目薬。あんまり痛くなかったのでもうアラームはやめる。絶対当たってないと確信しながら1分と5分を感じる。目ヤニは目頭にチョンとついてた。取りたいけど

f:id:xxxaki:20181003222116j:plain

って紙に書いてあったから、目ヤニつけたまま電車乗った。

 

 10:30-受付に到着すると、早速受付の人が「お疲れ様でした。今は結構見えてる状態ですか?」と聞いてくれる。素直にYESと答えて待合室に座る。

 暫くするとやさしいお姉さんに呼ばれ、風船見るヤツと、誰もがやったことのあるスタンダードな視力検査をする。

両目とも2.0ですね。状態もとてもいいです。

 二つの検査を終えて再び待合室で待ってると、3分もしない内に診察室に呼ばれる。

うん、すごくキレイですねー。きれいきれい。はい。もういいですよ。

 すぐに終わる。目ヤニは自分でとった。その日は特に痛みはなかった

三日目(月曜日)

 午後出勤にしてもらったのでたっぷり眠る。

 台風明けのかんかん照りがまぶしい・・・・!朝まぶしくて目が開けられなかった。

左目のみ異物感あり。ゴロゴロするような感じがあった。四回の目薬とは別に感想予防の目薬だけ何回か差した。半日出勤だけど、つかれたみたいで帰りの電車は爆睡だった。

四日目(火曜日)

 続けて午後出勤にしてもらったのでたっぷり眠る。

 今回は左目の違和感は消えて、右目に違和感が宿る。謎

こすったりするのが怖いのでひたすら点眼でしのぐ。昨日より肉体的には疲れなかったが、軽く眼精疲労っぽい感じ。頭痛まではいかない程度。しかし、仕事が終わると消えた。ただ単に仕事が嫌だったのかもしれない。

 

 お風呂のとき、明らかに目になんか入った感があって焦る。眼球に触れたくないので速攻で鏡で確認。抜けたまつ毛が少しだけ白目に触れていたのでタオルで取った。

 

五日目(水曜日)

 今日からフルタイムで心配だったけど、両目とも違和感なし!すでに目薬が適当になる。でも適当に差すと苦い味が喉にくるので頑張る。17:00頃に目が重くなってきたけど、痛み、違和感、乾きは感じない。疲れたのかピントがぼやけることも。でも仕事が終わったら治った。←

 

 

かかった費用とプラン

 今回私が選んだプランはプレミアムアイレーシックというやつ。

www.kobe-kanagawa.jp

 

3年保証で30万のやつ。

そこに姉からの紹介ニ万円を差し引いて

28万円でした。

 さらにSNS割、現金一括割、遠方割、とか色んな割引があります。

あと、医療費控除対象なので、申告もするつもりです!

 

 保証3年にしたのは、カウンセリングのお姉さんに「私には10年も必要なかった」と言われたのと、姉が生涯保証(今はやってません)でやったけど、全然行ってないということから。

 

 

術後の感想

やってよかったに尽きる。

 

良かった点

・世界のトーンが明るくなった。→ポジティブ思考になる

・星が綺麗に見える。夜の街灯もめっちゃ明るい→希望しかない

・人の顔がちゃんと見えるので美意識が高まる→希望的観測

・眼鏡からの脱出→メガネ拭きアライグマからの卒業

 

困る点

・細かいところに気付いてしまう

・夜、とかげとか虫が動くのが見える(絶対Gには会いたくない)

・思ったよりシミあるな・・・と落ち込む。(人の荒も見えて勝手な夢が勝手に崩れる)

 

 だに眼鏡くいっってやる仕草しちゃうし、寝る前に顔の付近探って眼鏡探しちゃうし、前髪直すついでに眼鏡上げようとしちゃう。眼鏡が染みついてる。早く姉のように「あたしって目悪い時代あったっけ?」とか言っちゃえるところに行きたい。

 

 

レーシックして気付いたこと

f:id:xxxaki:20181003224744j:plain

 人って同じ景色は見れないんだなぁって思った。それくらい今までの私の視界とレーシック後の視界は違う。人間自体は何にも変わってないのに。単純に遠くまで見えるとか、人の顔がよく見えるとか、そういうことじゃなくて、そのものの美しさとかが見えるようになった。

 世界ってこんなに美しかったんだ。自分はこんな美しい世界に生まれて生きてるんだ。もっと見たい。もっときれいな自然が見てみたい。

 きっと、同じものをみて「きれいだね」ってお話できても、その綺麗さはきっと違うんだと思う。それくらい人と人は違うんだ。

 

 家の親はもう高齢なので、レーシックは受けないですが、「いいなぁいいなぁ」と言ってました。私も自分が60代だったら受けてなかったと思う。私が背中を押されたのはもう一つ。さっしーこと指原莉乃さんのtwitterを見て。

 

  コンタクトが合わないから、レーシックしたらドライアイがもっとひどくなっちゃうかもとか思ってたんですが、さっしーのツイート内容が自分とピタリすぎて、やろう!やってみよう!!って思った。しかも奇跡的に姉が受けたのと同じ神戸神奈川アイクリニックだったから病院に迷いはなかった。さっしー効果で1年前はすぐ手術の案内可能と言われたのに、今回は1か月以上待ちました。

 ICLは高いからレーシックにしたけど、私にはあってました。

 

 悩んでる人に役立てるような内容になってれば幸いです!

www.kobe-kanagawa.jp

 後日談も書きます!