深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】サイレントヒル~子供にとって母は神~

f:id:xxxaki:20190604224013j:plain

≪内容≫

最愛の娘・シャロンが、悪夢にうなされて叫ぶ「サイレントヒル…」という奇妙な言葉。母親のローズはその謎を解くため、ウェストバージニア州に実在する街・サイレントヒルを訪ねることにする。しかしまったくひと気がなく、深い霧に覆われたその街は、一度足を踏み入れたら抜け出すことのできない呪われた迷宮だった。そこで失踪してまったシャロンの身を案じるローズは、おそるおそるサイレントヒルを探索するうちに想像を絶する恐怖に見舞われていく…。

 

 

 これ最初にちょっと出てくる女の子の幽霊みたいな顔が日本っぽいなーって思ってたら原作は日本なんですね!

  ゲームが原作とあってか、ホラーだけどアドベンチャーっぽくてエンターテイメントホラーみたいで面白かった。

 今更だけど、ホラーって蟲が割と頻出するから、苦手だったけど慣れた気がする。これGに酷似した蟲が大量に出てくるので、失神レベルで苦手な人はやめた方がいいかもしれない・・・。

 

選ばれたのは母親

f:id:xxxaki:20181020110240p:plain

 娘・シャロンが夜な夜な夢遊病で変な絵を描いたり、「サイレントヒルに帰る!!!」と言ったり、「行かなきゃ!」と唐突に駆けだしたりという不審な行動を繰り返すようになった。不安を感じた母・ローズはシャロンのいう「サイレントヒル」なる場所に実際に行ってみようじゃないか、逃げてもしゃーない、行って解決させるのが一番だろう!と思い、娘を連れて実在するその街に向かった。

 

 しかしその街は異界への入口だった。

f:id:xxxaki:20181020110707p:plain

 雪かと思ったら灰が降り注いでいた。

 着いた瞬間、唐突に走りだし消えてしまったシャロンを追いかけて迷宮に足を踏み入れるローズ。携帯は繋がらず娘も見つからず、奇妙なクリーチャーと自分と同じく娘を探す老女に出会う。

f:id:xxxaki:20181020111153p:plain

 

 薄汚れた女は「アレッサ」という娘を探していた。親近感を覚えたローズは自分も娘を探していると打ち明けロケットの写真を見せる。

 するとこの女は写真の顔は自分の娘「アレッサ」だと言いだす。怒りと不信を抱いたローズは逃げだすが、後に街からうつらうつらと出てきた住人が彼女をいじめている場面に遭遇し、彼女を守るのであった。

f:id:xxxaki:20181020112713p:plain

 全くシャロンを見つけられないローズ。シャロンを探す傍ら街のイベントに勝手に放り込まれる内にこの街の奇妙なしきたりらしきものに目がつくようになる。

 

 灰が降る街に起きた悲痛な過去を背負った娘・アレッサが呼んだのはシャロンではなくローズだったのだ。ではこの異空間はどこと繋がっていて何を求めているのか?

f:id:xxxaki:20181020113807p:plain

 

 

 自分の子供を神に委ねて祈るだけの母親はこの「サイレントヒル」という作品では否定されています。それが「子供にとって母は神」の意です。

 母親は子供のために自分自身が神となる覚悟を決めなければならない。

 

 この世界を誰が作ったのか、と考えると語られているアレッサであると思うのが素直な見方だと思うんですけど、実はアレッサの母親である老女・ダリアなんじゃないか、と思う。

 とは言ってもアレッサが無関係なのではなく、アレッサとダリアの間違えてしまった選択をもう一度やり直すための世界、という気がするのです。

 

 過去、自らの弱さからアレッサを救えなかったダリア。ダリアは自分の姉の意見に逆らえず魔女と判断されたアレッサへの火炙りの刑を止めることができませんでした。そのときに生まれたアレッサの善なる魂は正しい母親の元に導かれました。しかし、ダリアは今回もまたアレッサ(=シャロン)を邪悪な狂信者たちに奪われる、という前回と同じことをくり返してしまったのです。

 

 しかしそんなことはシャロンの母親であるローズが知る由もなく、私は自分の娘を見つけたし帰るわ!と帰ってしまう。

f:id:xxxaki:20181020114225p:plain

 だから帰れないのですよ。たぶん、あのサイレントヒルに子供が取り残されている限り、帰れないのです。子供とは、ダリアのこと。

 彼女は娘を守れなかった=神になれなかった女であると同時に、自分を守ってくれる母親のいない子供でもあるのだと思うのです。

f:id:xxxaki:20181020114539p:plain

 現実世界では父が二人の帰りを待っているが、同時間に同じ場所にいるのに、パラレルワールドになってしまっているのでお互いの姿は見えない。

 

 ローズとシャロンの心の中にサイレントヒルが住み着いてしまったんでしょうね。二人の帰る場所が全てサイレントヒルと化してしまった。もう1ラウンド戦わなきゃいけないようです。

サイレントヒル(字幕版)
 

  家族っていう小単位が上手くいかないとき、その尻拭いというか後始末というかそういうのって全くの他人の手に渡ったりするのですよ。こういう不思議なことがある現実が一番怖かったりしますよね。