深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ザ・ボーイ 人形少年の館~男運悪すぎる主人公がたくましすぎるw~

f:id:xxxaki:20181208232818j:plain

≪内容≫

 全米スマッシュヒットの新感覚ホラー!グレタは、老夫婦と暮らす6歳の男の子のベビーシッターとして、イギリスの片田舎の豪邸に移り住むのだが、現地で彼女を出迎えたのは少年サイズの人形で、夫婦からこの人形の世話に関する不可解な10のルールを言い渡される。

 

www.youtube.com

 アメリカほんとwwww笑わせてくるwwwwホラーでも変わらないアメリカンスタイルwwww

 これほんとネタバレするとつまらなくなるので、レビューは後から見た方がいいです。なので、ここでは最後の衝撃的ネタバレは避けますw

 

高額な報酬にご注意を

f:id:xxxaki:20181208173711p:plain

 人生をやり直すために遠く離れてイギリスに来たグレタ。

 このお屋敷で子供の子守りを募集していたのだ。彼女は高額な報酬と自身の環境から遠く離れたこの場所に惹かれてやってきた。

f:id:xxxaki:20181208174225p:plain

 しかし、子供と言うのは人形だった。夫婦は人形・ブラームスのお世話を戸惑うグレタに向かって真面目顔で頼む。

 朝、彼を起こすこと、勉強を見ること、彼の趣味である音楽を大音量で流すこと、などである。

f:id:xxxaki:20181208174818p:plain

 戸惑いながらもブラームスの世話を約束し、夫婦を見送ったグレタ。

f:id:xxxaki:20181208175031p:plain

 一方、夫婦はお互いに石を拾いポケットに詰め込んでいた・・・。

f:id:xxxaki:20181208175433p:plain

 一人残されたグレタは人形をイラネ(゜Д゜=)ノ⌒とポイして、夫婦との決まり事も無視して自由にやっていた。

 しかし人形の置いた場所が変わったり、自分の衣服がなくなったり、屋根裏に閉じ込められたりという不気味な出来事が連続で起こり、グレタはブラームスについて調べるようになった。

f:id:xxxaki:20181208175907p:plain

 閉じた屋敷の中で唯一の話相手は、郵便屋のマルコムだった。

彼は長いことこの屋敷に郵便や食料を届けてきたので、夫婦のこともブラームスのことも知っていたのだ。

f:id:xxxaki:20181208180138p:plain

 また一方で、この屋敷に招かれざる客が近付いていた。

 コールは、グレタがこの屋敷にやってくるきっかけになったDV男だった。

f:id:xxxaki:20181208180446p:plain

 コールは勝手にやってきて、グレタを連れて帰ろうとする。

 実はグレタはコールとの子供を妊娠していたが、度重なるDVの結果子供は助からなかったという過去があり、最初は気味悪がっていたブラームスに愛着を覚え始めていた。

f:id:xxxaki:20181208180935p:plain

 恐怖に捕らわれたグレタは、ブラームスの眠るベッドに一緒に横になり、彼に助けを乞う。

 正直この展開、かなりエモいな・・・と思ってみてました。

 最初は気味悪がっていた人形のブラームスにしか頼れないグレタの状況と、ブラームスのなんとかしてくれそう感が何とも不思議な空気を生み出しています。

 ほんと、もしこの勝手に動く人形が悪霊だろうが、悪魔だろうが、精霊だろうが人間よりも安心できるくらいコールという人間が怖いのです。

f:id:xxxaki:20181208181535p:plain

 グレタが一眠りしている間に(よく考えてみればよく眠れたなグレタ)事件は起こっていた。コールの眠る部屋に血文字が出来あがっていたのだ。

f:id:xxxaki:20181208181759p:plain

 怒り狂ったコールはブラームスを粉々にしてしまった・・・。

f:id:xxxaki:20181208181932p:plain

 さて、残り約18分

人形のブラームスが壊されてからの展開ははっきり言って超面白いです!!!

f:id:xxxaki:20181208182524p:plain

 でも、一応付け加えておくと映像としては怖いかもしれません。異様なのでね。

あと、この映画地味に効果音の使い方が上手いというか、丁度いい所で尋常じゃないほどデカイ音で「ドン!」とかしてきます。

 普通にビビる。

  こういうジメっと終わらないところがアメリカンのいいところだと思います。キングといい、ホラーなのに全力で楽しませてくるところがほんと茶目っ気たっぷりでかわいいかよ!