深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ザ・ブルード 怒りのメタファー~怒りを持つのは悪じゃない、でもそれを育てるのはやめた方がいい~

f:id:xxxaki:20181219215956j:plain

≪内容≫

 精神科医ラグラン博士は研究開発した精神治療法の実験台として、精神疾患を患う人妻ノーラに執着していた。ある日、夫のフランクはノーラへの面会から帰宅した娘の背中に赤いアザを見つけ、博士への疑念を強める。(C) 1979 The Brood Film Inc.精神科医ラグラン博士は研究開発した精神治療法の実験台として、精神疾患を患う人妻ノーラに執着していた。ある日、夫のフランクはノーラへの面会から帰宅した娘の背中に赤いアザを見つけ、博士への疑念を強める。

 

 これひたすらprimevideoのオススメに出てくるんで、根負けして見て見たのですが、超当たりでした。

 デヴィッド・クローネンバーグ監督って有名なんですね。primevideoってこういうのに当たるからやめられないんだよなぁ。

 

抑圧された怒りが無意識に肉体を持つ恐怖

f:id:xxxaki:20181219220523p:plain

 主人公は夫のフランク

精神病にかかった妻から娘を引き取ったが、娘には虐待の痕が残っていたので、面会さえもさせないと主治医のラグラン博士にメンチ切る。

f:id:xxxaki:20181219220800p:plain

 妻のノーラの精神病は両親からの虐待があったようだ。

夫は妻が義母と同じ過ちを犯し、娘が犠牲になることを恐れて二人を離そうとする。

f:id:xxxaki:20181219221422p:plain

 精神科医のラグラン博士はたくさんの患者を抱えているが、ノーラにつきっきりだった。ノーラの中にたまっている両親への怒りを引き出していたのだ。

f:id:xxxaki:20181219221530p:plain

 そんな折、娘を預かっていたノーラの母が何者かに撲殺される。

唯一の目撃者である娘は恐怖で記憶が混乱し、犯人を捕まえることはできなかった。

f:id:xxxaki:20181219221751p:plain

 そうこうしている内にノーラの父親も母親と同じ方法で殺されてしまう。

f:id:xxxaki:20181219222014p:plain

 娘は犯人に脅えている。

フランクは一度犯人に襲われているが、犯人が死んだため、もう犯行は行われないと思っていた。

f:id:xxxaki:20181219222304p:plain

 しかし犯人は確かに死んだが、まだ魔の手は過ぎ去ってはいなかった。

しかもフランクが手出しできない学校の中にまで、娘とお揃いの服を着て侵入してきたのだ。

f:id:xxxaki:20181219222459p:plain

 教室の中で行われた殺人。殺されたのは娘の担任で、フランクと少しだけ距離が縮まっていた。

 彼女が殺され、娘もいなくなったことからフランクはラグラン博士の元へと走る。

f:id:xxxaki:20181219222815p:plain

 フランクは娘を返してほしいだけだったが、ラグラン博士は銃を突きつけてこう言った。奴らもお前の娘も同類だから、と。

f:id:xxxaki:20181219223317p:plain

 奴らがノーラの怒りのメタファーとしてこの世に誕生していることをフランクに伝えたラグラン博士は、ノーラの怒りを鎮めるために、復縁を迫るようフランクに命じ、その隙に奴らと同じ穴のムジナになろうとしている娘を助けに行った。

 

 こんなに怒りが溜まっていたノーラ。

f:id:xxxaki:20181219223720p:plain

 フランクは奴が生まれる瞬間を目にし、あまりのグロテスク加減につい「やめろ」と言ってしまう。

 自分の怒りを拒絶されたノーラの怒りは最高潮に達する。

f:id:xxxaki:20181219224049p:plain

 怒ったノーラは「娘を殺す」と言ってしまう。その瞬間奴らの標的は娘へと変わる。

おそらくですが、ノーラはカウンセリングのときに、ラグラン博士に父は母が自分を殴るのを止めてくれなかった、ひどい、でも愛している、と告白しています。

 

 それと比べて娘は父親のフランクにとても愛されています。

彼女を傷付ければ母親である自分を咎める。それがノーラがフランクを愛した理由と同時に娘への嫉妬にもなったのではないかと思います。

f:id:xxxaki:20181219224452p:plain

 母親を殺し、娘を守ったフランクですが、最後のシーンでは娘の腕に小さなデキモノが現れています。

f:id:xxxaki:20181219224640p:plain

 前半で、ノーラの母親がノーラが小さい時にある日、大きなデキモノができて、入院したのだと語るシーンがあります。

 

 たぶん、最初は娘のデキモノのように小さく現れていたんじゃないでしょうか。しかし、それが大きくなるまで気付かなかった母親。

  小さなデキモノはたぶん誰にでも現れる。ただ、それが異常なほど育つにはそれなりの原因があり、その中に含まれているのは怒りなのだ。