深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ヘンゼル&グレーテル~超強くなった兄弟には秘密があった~

スポンサーリンク

f:id:xxxaki:20181222182145j:plain

≪内容≫

 両親に捨てられ、森の奥深くの“お菓子の家"に迷い込んだヘンゼルとグレーテル。そこに住む魔女に捕えられたふたりは、すきを見て魔女をかまどに突き落として生還する。
15年後、大人になった兄妹は、魔女ハンターとして賞金稼ぎの日々を送っていた。ある日、子供の誘拐が多発する村から事件の解決を依頼され、黒魔女ミュリエルを追うことになるが、魔女は彼らの出生の秘密を握っていた…

 

大人になったヘンゼルとグレーテル!

幼い日の経験を生かし魔女ハンターになっていた!!!

この設定だけで見たくなる。

ファンタジーなのにほぼ肉弾戦

f:id:xxxaki:20181222193122p:plain

 一応「ヘンゼルとグレーテル」の元ネタとなる物語は、口減らしのために幼い兄弟が森の奥深くに置いてけぼりにされ、そこで魔女のお菓子の家を発見する。空腹な兄弟はついそのお菓子を食べてしまい、魔女につかまってしまう。魔女の目的は子供を太らせ丸焼きにして食べることだった。火あぶり寸前で兄弟は力を合わせて魔女を燃え盛る暖炉に放り込む。そして二人は家に戻ったのだった。

 

 というのが大雑把な元ネタで、本作は二人が魔女を殺したあと両親には合わずに力を合わせて生き抜いた結果魔女ハンターになっていた・・・というところから始まります。

f:id:xxxaki:20181222193727p:plain

 二人は子供たちが魔女にさらわれている町から依頼を受けてやってきた。

f:id:xxxaki:20181222194248p:plain

 アクションが早すぎて全然スクショできないんですが、とりあえず魔女はこんな感じです。ちなみに、魔女もヘンゼルとグレーテルも全速力で走ったりしてて、魔女はある程度の長さのある木の棒みたいのがないと飛べない感じでした。

f:id:xxxaki:20181222194517p:plain

 そもそもなぜ肉弾戦なのかというと、ヘンゼルとグレーテルには魔法が効かないのです。私はずっとお菓子の家のお菓子で耐性出来たんかな?と思ってたら違ったw

f:id:xxxaki:20181222194819p:plain

 お菓子を食べさせられまくったヘンゼルは糖尿病を発症し、定期的にインスリン注射が必要になっていた。←謎のリアリティ。

 とはいえ、注射までもかっこいい仕様になってる。

f:id:xxxaki:20181222195035p:plain

 捕まえた魔女から計画を聞き出したヘンゼルとグレーテル。

なんとも中二設定なコメント。ワクワクすっぞ!

 

 しかもその計画に必要なのはグレーテルの心臓でもあったのだ・・・!

 なぜならグレーテルは白い魔女の血を引く娘だったのだ・・・。え、あの童話の続きをこんなに面白く展開させるなんて脚本家はすげい。

f:id:xxxaki:20181222195752p:plain

 現代にいる白い魔女はヘンゼルに恋をしている。白い魔女は滅多に魔法を使わないが、黒い魔女と戦うヘンゼルとグレーテルを守るため、魔法を使う。

f:id:xxxaki:20181222200259p:plain

 そしてもう一人。魔女の手下のトロールもグレーテルの危機を救う。

 

 彼らは自分たちが親に捨てられたのではなく、守られた結果森に置き去りにされたこと、そして魔女の血を引いていることを今回の対決で知ることとなった。

f:id:xxxaki:20181222200818p:plain

 黒い魔女のような風貌なら一目瞭然で、火あぶりの刑も一般市民がかけられることなかったのかなぁ、と思う。

ヘンゼル&グレーテル (字幕版)
 

  なんか本当に色んな設定を上手く使ったなぁと思う作品。

 ヘンゼルとグレーテルが魔女を暖炉にぶち込んだのが、魔女=火あぶりの刑を表していたとは今日まで気付かなかったぜ・・・。