深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ダーク・プレイス~恐怖を越えて深淵を覗け~

f:id:xxxaki:20190106101701j:plain

≪内容≫

 28年前に起きた一家惨殺事件で生き残った、8歳の少女リビー。彼女の証言により、殺人犯として逮捕されたのは、兄のベンだった。大人になったリビー(シャーリーズ・セロン)の元へ<殺人クラブ>からの招待状が届く。「無実」を語り始めたベンに残された時間は、あと21日。闇に葬られたはずの真実が、狂い始める。

 

『ゴーン・ガール』の原作者と聞いて。

ゴーン・ガール (字幕版)

ゴーン・ガール (字幕版)

 

  自分が男だったら女が嫌になりそうな映画↑しかし面白い。

 作者のギリアン・フリン、こういうのうまいな~と思いました。日本で言ったら湊かなえさん的な感じですかね。「告白」とか「夜行観覧車」で感じた「えっそんな真実が・・・・!」という感じ。

 

恐怖を越えて深淵を覗け

f:id:xxxaki:20190106102326p:plain

 一家惨殺事件のたった一人の生き残りのリビーは、犯人の兄が逮捕され事件から28年経っても事件を追いかける探偵気取りの<殺人クラブ>から追いまわされていた。

f:id:xxxaki:20190106102632p:plain

 クラブの会合に招かれたリビーは兄が有罪であることを確信しているため、兄が無実であることを証明するために呼ばれるのに金を求める。とにかく金なのだ。

f:id:xxxaki:20190106102950p:plain

 28年も前で、しかも当事者でも警察でもなんでもないただの奇怪事件愛好クラブという気味の悪い団体にもう一度事情聴取を受けるリビー。胸糞悪いが金のために、当時の関係者に連絡を取ることとなった。

f:id:xxxaki:20190106103409p:plain

 手始めに捕まっている兄・ベンに会いに行く。

 当時8歳だったリビーの記憶の兄と実際に会った兄は少し変わっていた。当時の兄の状況を大人になったリビーが聞くことで事態は変わっていく。

f:id:xxxaki:20190106104038p:plain

 当時の家庭環境は、両親が離婚して母と子供が農場に住んでいた。

 農場は母の両親のもので、母は農場を気に入っていたが経営は困難。この家族の中の唯一の長男ベンは思春期を迎えていた。

f:id:xxxaki:20190106104819p:plain

 別れた夫は農場が破綻しようとしているときに金をせびりにやってくるし

f:id:xxxaki:20190106104943p:plain

 ベンは訴えられるし

f:id:xxxaki:20190106105428p:plain

 とにかくお金が無くて母は疲労していた。

f:id:xxxaki:20190106105614p:plain

 ベンの子供を妊娠していた彼女と街を出ようとした日と

f:id:xxxaki:20190106110047p:plain

 母親がペンを手に取った日。

f:id:xxxaki:20190106110454p:plain

 ついに真実に辿りついたリビー。

 

 一家惨殺のあの日本当は何が起こっていたのか。

 ベンは女の子にいたずらを本当にしていたのか。

f:id:xxxaki:20190106110805p:plain

 最後にかつて住んでいた農場に立ち寄るリビーのシーンは夕焼けもあいまってどこかすっきりとした感じでした。

  これ「ダーク・プレイス」という名前だけあってかなーり暗い。内容もだけどトーンもほぼ暗い。明るいのは過去の記憶の中の農場とラストにリビーがやってくる農場のシーンのみ。

 だけどやっぱり原作者すごいわ・・・と思いました。発想力がすごい。