深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】特捜部Q ~檻の中の女~/~未解決事件を追う二人のはぐれ刑事、純情派~

f:id:xxxaki:20190202141359j:plain

≪内容≫

 北欧ミステリー「特捜部Q」シリーズを映画化。殺人課から新部署・特捜部Qへの転属を命じられた敏腕刑事、カール・マークは、5年前に起こった美人議員失踪事件の捜査ファイルを見つける。その捜査結果に違和感を抱いた彼は、助手と共に調査を開始する。

 

 北欧ミステリーの映画といえば、ミレニアムシリーズと、湿地が思い浮かぶのですが、

湿地(字幕版)

湿地(字幕版)

 

  共通点としてマジで暗いです。テンションが低いというか、韓国やアメリカだと誰か一人くらい見るからに熱血!って感じの刑事とか、華やかな女性とか出てきますが、北欧ってシックです。色彩も寒色が多くて落ち着いています。

 もちろん情熱はめらめらなんですが、秘められた熱さなので好きな人はたまらないと思う。

 

変人が集まる新部署、特捜部Q

f:id:xxxaki:20190212224056p:plain

 組んでいた仲間が撃たれ、チームは崩壊してしまった。そのため休暇を出されたカールだが、仕事をしたくて出勤するも、上司に辛辣な事実を告げられる。

 

 特捜部Qは過去20年の未解決事件の書類のミスを探し分類する部署で週に1~2件でかまわない、ただし過去20年分の事件全てを整理しろ、というのが命令だった。

 つまるところ左遷である。

f:id:xxxaki:20190212224558p:plain

 しかも場所は地下。ていのいい厄介払いのような扱いを受けたカールはこの仕事が定年間近の人がするような色彩の欠けた仕事だと感じていた。

 しかし、現場に行ってみると、アサドという男がすでに壁に未解決事件のメモを貼り、早々に準備をしていた。

 

 アサドは、現在の仕事に退屈し自らここに来たようだ。

f:id:xxxaki:20190212224933p:plain

 二人は早速1人の女性が失踪したという事件に着手する。

f:id:xxxaki:20190212225204p:plain

 二人は失踪した女性・ミレーデの唯一の家族である弟に接触するも、彼は精神科に入院していて会話することができない。

f:id:xxxaki:20190212225857p:plain

 二人はありとあらゆる方法で捜査をするが、その分費用もかさむし、二人が動いたことを知った人物から「古い事件を掘り起こすな」と苦情がきてしまい、唐突に終了を告げられてしまう。

f:id:xxxaki:20190212230312p:plain

 ミレーデはひとり、自分の罪に閉じ込められている。

f:id:xxxaki:20190212230839p:plain

 ミレーデは犯人以外誰も知らない場所で、社会からは自殺として処理され、忘れられた世界でたった一人で生きていた。

 誰もがミレーデの生死も気にかけない中で、二人は上司の命令を完全無視して捜査を続ける。すると、ミレーデと関係するある男が浮上してきたのだった。

f:id:xxxaki:20190212230943p:plain

 ミレーデと犯人は雪の中の美しい少女に帰結する。

 

 この作品がわりと好きな人は「その女アレックス」も好きかもしれません。

  こちらはフランスの作家さんなので、北欧感はありませんが、謎の男によって拉致・監禁されるところは同じです。

特捜部Q 檻の中の女(字幕版)
 

  愛想がなく不器用でにこりとも笑わないカールと、そんなカールをフォローしつつ、その頑固と言う名の石のような情熱についていく補佐アサドの関係も魅力です。

 スピード感もあり、観てて飽きる瞬間がなく、事件の内容もありきたりではないけれど難しすぎる事もなく、情感もあり・・・やっぱうまいんだなぁ・・・とほれぼれしました。