深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】勝手にふるえてろ~あたしのこと処女だから好きになったんでしょ?~

≪内容≫

 芥川賞作家・綿矢りさの原作を松岡茉優主演で映画化したラブコメディ。24歳のOL・ヨシカは、中学の同級生・イチに10年間片思い中。イチとの思い出や趣味に浸りながら、忙しい毎日を送っていた。そんなある日、会社の同期である男性に告白される。

 

 綿矢りさと聞くとあんまり明るいイメージがなかったのですが、これめっちゃ面白かったw

 こじらせ女子ってこういうことを言うのかと。キャスティングも抜群。

 

妄想癖のなれの果て

f:id:xxxaki:20190615122457p:plain

  中学の同級生・イチ10年間片思い中のヨシカ(松岡茉優)は、経理の仕事をしているのだが、そこで営業の霧島にアタックされて心が揺れる。イチに囚われているヨシカは霧島をニ(に)と脳内登録し、ニに答えを出す前にイチに自分の思いを打ち明けようと画策し始める。

f:id:xxxaki:20190615123141p:plain

  クラスでは目立たない存在だったヨシカは海外に行った同級生の名前でSNSに登録し同窓会の提案を持ちかける。(頭良すぎるw)そこでイチにも連絡をし何とか二人で話せるように工作していく。

 何とかイチと二人きりで話せるタイミングがやってきたが、そこでヨシカは残酷な真実を知ることとなる。

 その後は今まで脳内で語り合っていた人たちもヨシカの脳から去って行き、リアルに残るのは霧島(二)だけだったのである。

f:id:xxxaki:20190615123721p:plain

  しかしヨシカが処女であり誰とも付き合ったことがないという現実を知っているたった一人の同僚が霧島にそのことを話していたため、ヨシカは疑心暗鬼になり会社を辞める騒動妊娠騒動二股騒動を起こす。

 

悪魔的ってなによ
そっちこそ悪魔じゃん
処女狙いの悪魔じゃん

あたしのこと処女だから好きになったんでしょ
処女だから可愛いとか
なんでそんな怖いこと言うの
だってあたしが処女じゃなくなったら
あたしの価値ゼロじゃんよ
そんなの怖いよ

 

  この後に続く会話がめっちゃ面白くて、これほんと面白いんだけど、なんで面白いかってリアルなんでしょうね。会話とか流れが。人に見下されるんじゃないかとか、本当に好きって信じていいのかとか、臆病な心ゆえにマウントを取ってしまうヨシカと、素直でまっすぐな霧島(ニ)。

 そして言わないで!と言われてるのに言っちゃうヨシカの同僚の人間臭い嫉妬という名の悪意。ヨシカを嫌いじゃないけど意地悪しちゃう、そういう友達って言葉一つではくくれない感情。

 やっぱ文学だわ~と思う。人間を書いてるな~って。

 

 タイトル「勝手にふるえてろ」は、妄想の世界から抜け出してリアルな痛みを感じる現実で踏ん張れないなら勝手にふるえてろ!ってことなんでしょう。タイトルもパンチあってセンスすごい。

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

 

  最後ヨシカが「勝手にふるえてろ」と言ったのは内なる自分にここで引くぐらいなら、という気持ちなんだろうな。だからきっと心の中ではすっごくふるえてたと思う。よく頑張ったと思うし、素直に頑張る人ってかっこいい。