深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

hideという人間がいたことを私はまだ信じられない。

≪内容≫ 「これはhideのピースを拾い集める旅」1998年5月2日 永眠という突然の出来事。様々なジャンルを取り込んだ斬新な音楽性。当時まだ珍しかった野外フェスを敢行した先見性。そして、多くの人々から愛される人間性。あの日、日本の音楽シーンは大きな財…

【映画】あん~生きていたら尊敬できる大人に出会うことってきっとある~

≪内容≫ どら焼き屋の雇われ店長として単調な日々を過ごす千太郎。ある日、店の求人募集を見た老女・徳江が現れ、粒あん作りを任せることに。あんは美味しく、店は繁盛するが…。 すごくいいです。邦画の良さというか、劇的な展開ではなく淡々と静かに流れてい…

本当の貧困の話をしよう/石井光太~貧困とはどういうことなのか?何がそれを生むのか、また貧困が何を生み育てるのか~

≪内容≫ 日本は国民の7人に1人が貧困層。君たちが幸せをつかむために今知るべきこと。最底辺のリアルから始まる「新しい世界」のかたち。人生への向き合い方が「180度変わる」感動の講座。 お金がないという意味での「貧困」も、愛情が足りないという意味での…

【映画】切り裂き魔ゴーレム~夢も叶えて正しく生きるってめちゃくちゃハードル高い~

≪内容≫ ビル・ナイ主演によるミステリーサスペンス。ロンドンで連続猟奇殺人事件が起こる。容疑者として4人の名前が挙がるが、ひとりは既に別の事件で死亡していた。事件を追う刑事・キルデアは、この容疑者のひとりを殺害したという女の裁判に出向くが…。 …

【映画】スマホを落としただけなのに~スマホの中には開けてはいけない扉がある~

≪内容≫ 志駕晃の小説を中田秀夫監督、北川景子主演で映画化したSNSミステリー。彼氏の富田に電話をかけた麻美は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失う。スマホを拾ったという男から富田のスマホが無事に戻り、麻美は安堵するが…。 こう…

【映画】カメラを止めるな~笑いと恐怖が紙一重であることが証明された面白い映画~

≪内容≫ とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。“37分ワ…

【映画】彼女がその名を知らない鳥たち~愛は人生における最大の暇つぶしであり、最高の生きがいとなりうる~

沼田まほかるのベストセラー小説を、『凶悪』の白石和彌監督が映画化したサスペンスフルな恋愛ミステリー。15歳年上の陣治と暮らしながら、8年前に別れた黒崎のことが忘れられない十和子。ある日彼女は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。 これが好き…

【映画】運び屋~やり直すことを諦めなければ未来は変わる。~

≪内容≫ クリント・イーストウッド監督・主演による実話サスペンス。孤独な日々を送る90歳のアールは、車の運転さえすればいいという仕事を持ち掛けられる。だが、それはドラッグの運び屋だった。やがて、彼に捜査の手が迫り…。 人は何歳までならやり直しが可…

思考力/外山 滋比古~知識に丸投げして生きるのはいかがなものか?~

≪内容≫ 頭のいい人とは、博学で教養(知識)がある人というイメージがある。しかし、知識をたくさんもつことは、「本を読んで、頭に入れて、それを整理して、必要なときに出す」ことにすぎない真の頭のよさとは、思考すなわち「それはなにか、なぜそうなのか、…

「性格」のカラクリ: “イヤな他人”も“ダメな自分”も一瞬で変えられる/苫米地 英人

≪内容≫ 性格とは、「対人戦略」である。あなたの常識を覆す目からウロコの性格論。「性格」の正体を知ることで、自分や他人のありのままの姿が見えてくる! 人生の中で一度は誰もが思ったことがあるのではないでしょうか? 自分とは一体どんな人間なんだろう…