深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

作家別-スティーヴン・キング

キャリー/スティーヴン・キング~人間はいつまでたってもよくはならない、ただ利口になるだけ~

≪内容≫ 「おまえは悪魔の申し子だよ」狂信的な母、スクールカーストの最下層…悲劇はその夜、訪れた。巨匠キングの鮮烈なるデビュー作にして、三度の映画化を経た永遠の名作。 この表紙はクロエ・モレッツだと思うんですが・・・こんな美少女がいじめられっこの…

スタンド・バイ・ミー/スティーヴン・キング~友達は、数ではなく、どこまで同じ苦しみなりなんなりを共闘できるか~

≪内容≫ 森の奥に子供の死体がある──噂を聞いた4人は死体探しの旅に出た。もう子供ではない、でもまだ大人にも成りきれない少年たちの冒険が終ったとき、彼らの無邪気な時代も終ったのだった……。誰もが経験する少年期特有の純粋な友情と涙を描く表題作は、作…

IT/スティーヴン・キング~「忘却」は大人を守り、子供を幽霊に変える。~

≪内容≫ 一本の電話が、六人それぞれの平穏を破る。長いあいだ記憶の底に眠っていたものを、揺り覚ます。二十七年前、ある場所で、あることが起こった。そして、ひとつの約束がなされた。いま、その時がきたのだ。「さあ帰るんだ、故郷の町へ」。だれもそれを…

第四解剖室/スティーヴン・キング~やさしい少年が書いたやさしい物語たち~

≪内容≫ 私はまだ死んでいない、死んでいないはずだ。ゴルフをしていて倒れた、ただそれだけだ。それだけなのに。だが、目の前にある解剖用の大鋏は腹へと迫ってくる……切り刻まれる恐怖を描いた標題作のほか、ホラーからサスペンス、ファンタジー、O・ヘンリ…