深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

書評

エレンディラ/G・ガルシア=マルケス~男に閉じ込められた祖母と男によって新たな世界に飛び出した少女~

≪内容≫ コロンビアのノーベル賞作家ガルシア=マルケスの異色の短篇集。“大人のための残酷な童話"として書かれたといわれる6つの短篇と中篇「無垢なエレンディラと無情な祖母の信じがたい悲惨の物語」を収める。 小説家とは何が決めるのか、面白さか奇抜さか…

デーミアン/ヘルマン・ヘッセ~勇敢で気骨のある人物は、他の人から見たらいつでも気味が悪かったのさ~

≪内容≫ 些細な嘘をついたために不良に強請られていたエーミール。だが転校してきたデーミアンと仲良くなるや、不良は近づきもしなくなる。デーミアンの謎めいた人柄と思想に影響されたエーミールは、やがて真の自己を求めて深く苦悩するようになる。少年の魂…

ナラタージュ/島本理生~心の中に大切に思う誰かがいるからこそ目の前の人を大切にすることができる~

≪内容≫ お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある―大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩…

マチネの終わりに/平野 啓一郎~大人だから言えること、大人だからできないこと~

≪内容≫ 天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。スランプに陥りもがく蒔野…

テレーズ・デスケルウ/フランソワ・モーリアック~、どんなときでも自分を見失うまいとし、自分をみつけずにはいられない女は罪なのか~

≪内容≫ 自分の夫の毒殺を計ったテレーズは、家の体面を重んじる夫の偽証により免訴になった が、家族によって幽閉生活を強いられる。絶対的な孤独のなかで内なる深淵を凝視するテレーズは、全ての読者に内在する真の人間の姿そのものなのだろうか―─遠藤周作…

ぼぎわんが、来る/澤村伊智~和洋折衷な民間伝承ホラー、我慢しようが耐えようがその呪いからは逃げられない~

≪内容≫ “あれ”が来たら、絶対に答えたり、入れたりしてはいかん―。幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。それ以降、秀樹の周囲で起こる部下の原因不明の怪我や不気味な電話などの怪異。一連の事象は亡き祖父が恐れた“ぼぎわん”とい…

アントニーとクレオパトラ/シェイク・スピア~今も昔も他人の痴話げんかほど耳が痛いものはない~

≪内容≫ シーザー亡き後、ローマ帝国独裁の野望を秘めるアントニーはエジプトの女王クレオパトラと恋におちる。妖女の意のままになったアントニーはオクテイヴィアスとの大海戦に敗れ、クレオパトラ自殺の虚報を信じて自殺する…。多様な事件と頻繁な場面転換…

第三の嘘/アゴタ・クリストフ~読書は何かを得る、というより何を持っていないのかということを突きつけてくる。~

≪内容≫ ベルリンの壁の崩壊後、双子の一人が何十年ぶりかに、子どもの頃の思い出の小さな町に戻ってきた。彼は少年時代を思い返しながら、町をさまよい、ずっと以前に別れたままの兄弟をさがし求める。双子の兄弟がついに再会を果たしたとき、明かされる真実…

ふたりの証拠/アゴタ・クリストフ~自分の地獄は人には見えない~

≪内容≫ 戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家がある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で、彼がなにを求め、どう生きたかを伝えるために―…

父の詫び状/向田 邦子~いつの時代も変わらない家族の風景~

≪内容≫ 宴会帰りの父の赤い顔、母に威張り散らす父の高声、朝の食卓で父が広げた新聞…だれの胸の中にもある父のいる懐かしい家庭の息遣いをユーモアを交じえて見事に描き出し、“真打ち”と絶賛されたエッセイの最高傑作。また、生活人の昭和史としても評価が…

隣の家の少女/ジャック・ケッチャム~子どもに嫉妬する大人と無力な子どもたち~

≪内容≫ 1958年の夏。当時、12歳のわたし(デイヴィッド)は、隣の家に引っ越して来た美しい少女メグと出会い、一瞬にして、心を奪われる。メグと妹のスーザンは両親を交通事故で亡くし、隣のルース・チャンドラーに引き取られて来たのだった。隣家の少女に心躍…

予告された殺人の記録/G・ガルシア=マルケス~集合的無意識が一人の人間を殺すことはあり得るのか~

≪内容≫ 町をあげての婚礼騒ぎの翌朝、充分すぎる犯行予告にもかかわらず、なぜ彼は滅多切りにされねばならなかったのか?閉鎖的な田舎町でほぼ三十年前に起きた幻想とも見紛う殺人事件。凝縮されたその時空間に、差別や妬み、憎悪といった民衆感情、崩壊寸前…

太陽と月に背いて~どこに行っても誰と居ても満たされない心~

≪内容≫ アルチュール・ランボーとポール・ヴェルレーヌ。19世紀フランス象徴主義を代表する詩人である二人が出会ったのは、1871年、ヴェルレーヌが27歳、ランボーが16歳のときだった。詩作による名声と若く美しい妻マチルドを手中にし、詩も世界も共に彼に微…

月と蟹/道尾 秀介~こんだけ誰も喋らないで悪意だけが積もっていく話ってある?~

≪内容≫ 直木賞受賞作。あの夏、海辺の町で少年は大人になる涙を知った孤独な子ども達が始めた願い事遊びはやがて切実な思いを帯びた儀式めいたものに――深い余韻が残る少年小説の傑作。海辺の町に祖父と母と暮らす小学生の慎一。よそ者として、クラスになじめ…

キャリー/スティーヴン・キング~人間はいつまでたってもよくはならない、ただ利口になるだけ~

≪内容≫ 「おまえは悪魔の申し子だよ」狂信的な母、スクールカーストの最下層…悲劇はその夜、訪れた。巨匠キングの鮮烈なるデビュー作にして、三度の映画化を経た永遠の名作。 この表紙はクロエ・モレッツだと思うんですが・・・こんな美少女がいじめられっこの…

桜の園・三人姉妹/チェーホフ~貴族って地味にスポイルされまくってるよな、と思う~

≪内容≫ 急変してゆく現実を理解せず華やかな昔の夢におぼれたため、先祖代々の土地を手放さざるを得なくなった、夕映えのごとく消えゆく貴族階級の哀愁を描いて、演劇における新生面の頂点を示す「桜の園」、単調な田舎の生活の中でモスクワに行くことを唯一…

スタンド・バイ・ミー/スティーヴン・キング~友達は、数ではなく、どこまで同じ苦しみなりなんなりを共闘できるか~

≪内容≫ 森の奥に子供の死体がある──噂を聞いた4人は死体探しの旅に出た。もう子供ではない、でもまだ大人にも成りきれない少年たちの冒険が終ったとき、彼らの無邪気な時代も終ったのだった……。誰もが経験する少年期特有の純粋な友情と涙を描く表題作は、作…

ポテト・スープが大好きな猫~口にするのは文句ばかりなんだけど相思相愛~

絵本です! なんか、あんまりかわいくってついつい買ってしまいました。 猫とおじいさん 猫と暮らすおじいさんのお話です。 テキサスで一人で暮らすおじいさんと、おじいさんが作るポテト・スープが好きで自分は一切狩りをしない雌猫。 おじいさんと猫は一緒…

マディソン郡の橋~初恋のときめきを永遠に閉じ込める方法は、成長した相手に再会しないこと~

≪内容≫ 屋根付きの橋を撮るため、アイオワ州の片田舎を訪れた写真家ロバート・キンケイドは、農家の主婦フランチェスカと出会う。漂泊の男と定住する女との4日間だけの恋。時間にしばられ、逆に時間を超えて成就した奇蹟的な愛―じわじわと感動の輪を広げ、シ…

悪童日記/アゴタ・クリストフ~生きるためにはいい子ちゃんではいられない~

≪内容≫ 戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影…

ジュリアス・シーザー/シェイクスピア~人はみんなずるいし汚いし完璧な人はいない~

≪内容≫ “おれはシーザーを愛さぬのではく、ローマを愛したのだ” 高潔な勇将ブルータスは、自らの政治の理想に忠実であろうとして、ローマの専制君主シーザーを元老院大広間で刺殺する。民衆はブルータスに拍手を送ったが、アントニーの民衆を巧みに誘導する…

機械じかけの猫/トリイ・ヘイデン~絨毯の下にいる幽霊は現実か妄想か~

≪内容≫ 自閉症と診断された九歳の少年コナーは、ぬいぐるみの猫を決して手放さず、奇妙な言葉をつぶやく。やがてその言葉は、彼の母親の恐ろしい過去を掘り起こしていく…圧倒的筆致で贈る驚愕の物語。 「ビューティフル・マインド」をすでに鑑賞済みだったこ…

ひまわりの森/トリイ・ヘイデン~正しいから愛するのではなく、ありのままを愛する難しさ~

≪内容≫ 少女時代のおぞましい体験によって心を蝕まれた母と、彼女を抱えて懸命に生きる家族の姿を、17歳の娘レスリーの目を通して感動的に描く。情緒障害児との心の交流を綴り、日本でも圧倒的な支持を集めているベストセラー作家が実話をもとに、愛と祈りを…

子どもたちは、いま/トリイ・ヘイデン、斎藤学~無言症の子供たちから教えられたこと~

≪内容≫ 情緒障害児との交流を綴り世界中を感動につつんだ作家と、家族や虐待の問題に第一線から発言しつづる精神科医がいじめ、教育、家庭などについて語りあった対談集。98年のヘイデン来日講演の内容も収録する。 トリイのノンフィクションものを全て読み…

檻のなかの子-憎悪にとらわれた少年の物語-/トリイ・ヘイデン~ほとんどの人が何で死ぬか知ってる?~

≪内容≫ 8年間、だれとも口をきかず、日中ずっと児童養護施設の机の下でおびえている15歳の恐怖症の少年ケヴィン。ひとたび恐怖心が爆発すると、猛獣のように暴れまわり、周囲や自分を傷つける。180センチほどもあるこの少年を、セラピストのトリイは心底、恐…

最悪なことリスト/トリイ・ヘイデン~起こってしまったことは選べないけど次に何をするかは選べる~

≪内容≫ 最悪なことリストの第一位って何だか知ってる?「気にかけてくれる人が誰もいない」ことだ。里親から里親へと転々としてきたデイヴィッドにはよくわかる。新しい里親に引き取られ、新しい学校に来てみれば、11歳だというのに下の学年に入れられて、級…

ヴィーナスという子-存在を忘れられた少女の物語-/トリイ・ヘイデン~人間は神にも仏にもなれないし、なったら友達は作れない~

≪内容≫ 心を閉ざした少女がただ一人頼りにしていたのは、知的障害をもつ姉だった。情緒障害児との心の交流を描き、世界中に感動を呼んだ著者が、福祉の連携の難しさ、教育の理念の実践の対立など、新たな問題に立ち向かう渾身のノンフィクション。 トリイが…

愛されない子-絶望したある生徒の物語-~欠点を超える美貌は果たして本人の助けとなるのか?~

≪内容≫ 抱きしめてほしい、クズのような私を-愛を受けずに育ったため、人づきあいができず、重度の情緒障害を抱える娘の愛し方も知らぬ母親。娘の通う教室の助手になり、トリイと共に親と子の問題に立ち向かい、模索する姿を綴る。 今回ももちろん子供たちと…

霧のなかの子-行き場を失った物語-/トリイ・ヘイデン~解決されない理不尽な出来事は大人になっても消えない。~

≪内容≫ 教師を辞め、無言症の専門家として病院のセラピストの仕事についたトリイは、謎めいた三人のケースに関わることになった。9歳のカサンドラには現実の存在とは思えぬ妖精のような雰囲気があった。虚ろな目つきをしたかと思うと、感情を爆発させて暴れ…

幽霊のような子-恐怖をかかえた少女の物語-/トリイ・ヘイデン~幽霊になっているときだけ、ほんものでいられるんだよ~

≪内容≫ 体をほとんど二つに折り曲げ上目づかいにこちらを見る姿が異様な、まるで幽霊のような8歳の少女ジェイディ。教師トリイとの交流で少しずつ心を開いた彼女が語り出したのは、陰惨な性的虐待をするカルト集団の存在だった。 事実は小説より奇なり。を地…