深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ミッドナイト・イン・パリ~現在って不満なものなんだ。それが人生だから~

≪内容≫

 ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。 そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて・・・。

 

www.youtube.com

 

 これは文豪好き、芸術好きな人はめっちゃ楽しいんじゃないでしょうか・・・!

 しかもクレイジーだと思ったらスペイン映画だった。ナイス!大好きスペイン映画!

 

懐古主義者が現実に光を見つけるとき

f:id:xxxaki:20181127211430p:plain

 売れっ子脚本家のギルは、その地位を捨て夢である作家の道に進みたい。

だけど、フィアンセのイネスにその気持ちは全く伝わらない。とりあえずワンチャンあげるけど、売れなかったら脚本家に戻ってね、と釘をさされてしまう。

f:id:xxxaki:20181127212105p:plain

 ギルは20年代のパリに恋していた。しかしそんなギルの思いをイネスは友人たちに話してしまう。その結果、ギルは「現代に適応できない懐古主義」と批判されてしまう。

f:id:xxxaki:20181127212616p:plain

 イネスもその友人夫婦もイネスの両親もリアリストだ。

一人ロマンチックなギルは文字通り孤独。それでも現実にしか存在できないのだから、現実世界でのロマンの対象であるイネスに怒ったりしない。例え彼女に「一人で先に帰れ」とか「雨が好きなんてどーかしてる」「勝手に散歩してれば」とか冷たい言葉を投げつけられても。

f:id:xxxaki:20181127213044p:plain

 一人パリで路頭に暮れる(パリは大好きだけどいかんせん土地勘はゼロだった)ギルの元に一台のプジョーが。ギルはやけくそで乗車。そしてギルの目の前に現れたのは・・・・

f:id:xxxaki:20181127213216p:plain

 フィッツジェラルド!!???

 

華麗なるギャッツビー

f:id:xxxaki:20181127213449p:plain

 ヘミングウェイ!!???

 

→ 老人と海

f:id:xxxaki:20181127213645p:plain

 さらにさらに文豪だけじゃない。画家も出てくる。映画監督も出てくる。

f:id:xxxaki:20181127213722p:plain

 とりあえず色々ぶっとんでるけど、個人的にダリのシーンが一番好き。

ダリだけずっとサイの話してる。しかも何度も「私はダリ!」とか言いだす。

f:id:xxxaki:20181127213833p:plain

 OHギル・・・・だよね。OK。クールになれ、奇跡の夜やぞ!!

f:id:xxxaki:20181127214118p:plain

 しかし、奇跡の夜も何度も続けばあの感動はいずこ・・・。ギルはついに「やっほー」みたいなノリでブニュエルに話しかけ皆殺しの天使の構想をペラペラ喋り出す。上手く言えないけどこういうノリがスペインっぽいんだよなぁ・・・。

f:id:xxxaki:20181127214438p:plain

 ギルは現実世界ではイネスと婚約しているが、タイムスリップした夜にはピカソの愛人・アドリアナに恋をする。二人の共通点は、今に美を見出せず過去にこそそれがあると盲信している部分だった。

f:id:xxxaki:20181127214757p:plain

 過去に恋したギルと同じように過去に恋したアドリアナ。

過去には敬愛する作品と作家たちが存在している。

f:id:xxxaki:20181127215057p:plain

 一方、現実ではイネスの浮気が発覚。

f:id:xxxaki:20181127215235p:plain

 最後はギルの大好きなパリの雨の中で劇終。

 

 この映画めちゃめちゃ明るいノリなんですけど、ギルの心理が一本を通してものすごく成長しているんです。その成長になんか気付かなくていいよってくらいあっさりしてるんですけど、このあっさり具合がたまらないー。

  作品はロマンチックでも作者って超現実主義。