深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】マシニスト~眠れない男と三人の女~

≪内容≫

人間の想像を超えた限界点から始まる、未体験ショック・ムービー!

 

www.youtube.com

 

 うーん。どこまでも深堀り出来そうな映画です。

 

 

目を覚まさないために起き続ける

f:id:xxxaki:20181128211752p:plain

 主人公は一年間眠っていない。身体は瘦せ細り、工場勤務以外は空港のカフェか娼婦との逢瀬しか描かれていない。そんな生活。

f:id:xxxaki:20181128212007p:plain

 ある日、主人公のトレバーは不注意で同僚の手を機械に巻き込ませてしまう。

トレバーの前にだけ現れる謎の男アイバンによってトレバーは追い詰められていく。

f:id:xxxaki:20181128212312p:plain

 この事故のせいで工場の同僚たちはトレバーを避け、結果的にトレバーは工場をクビになってしまった。トレバーは原因はアイバンと腕を失ったミラーの怨念だと思い込み、誰かが自分を陥れようとしているのだと考える。

 

 さて、この物語はいわばトレバーの現実逃避なのですが、女の人が三人出てきます

f:id:xxxaki:20181128212629p:plain

 まずは"の日"ということで、トレバーが自分の母の思い出を空港のウェイトレスに語る。彼の母親はすでに他界していた。

f:id:xxxaki:20181128213001p:plain

 娼婦ながらトレバーの心配をして世話を焼く人情家のスティービー

f:id:xxxaki:20181128213430p:plain

 そしてウェートレスのマリア

彼女とは彼女の息子と一緒に三人で遊園地に行きます。

f:id:xxxaki:20181128213517p:plain

 彼はここでもママとの思い出を語る。相手はマリアの息子である。

乗物に乗りたいとせがむ息子にママが来るのを待とう、というトレバー。

 ママが来るのを待とう

 これがキーワードな気がしました。

f:id:xxxaki:20181128213719p:plain

 冷蔵庫に貼ってある謎のメモ。穴埋めに入るアルファベットをトレバーは考える。

f:id:xxxaki:20181128213813p:plain

 冷蔵庫。

 遊園地でトレバーと息子の2ショットを撮ったマリアは冷蔵庫にその写真を貼る、と言う。

f:id:xxxaki:20181128213903p:plain

 謎のメモが張り付けられた冷蔵庫の上部からはおびただしい血が流れ続けてる。

さてその中に入っているものはなんなのでしょう?その中身は映画の中で出てきますが、私が思うにその中に入っているのは母親だと思うのです。

f:id:xxxaki:20181128214135p:plain

 トレバーはウエートレスにも多額のチップを、そして娼婦にはもちろんお金とそれ以上の優しさで持って接してきた。二人はそれに応えるようにトレバーを受け入れ愛するのですが、トレバー自身がそれを拒否する。

f:id:xxxaki:20181128214420p:plain

 ママを待たずに二人で入ったROUTE666。おそらく、トレバーにとっての現実はこの中です。ママと一緒に入っていればこんなことにはならなかったかもしれない。

f:id:xxxaki:20181128214721p:plain

 666の中で気を失い、母に頭をなでられながらすやすやと眠る息子は、トレバーが欲しかった現実なのではないでしょうか。

 唐突なシャットダウンによる睡眠さえ出来ず、誰にも心を許せず、故に誰からの手も掴めないトレバー。

 お金でそれを得ようとしても、結局は自分がそれを否定してしまう。

f:id:xxxaki:20181128215036p:plain

 どことなくロシアのくらーーい感じが漂ってるなぁと思ったのですが、なんとミッドナイト・イン・パリに続いてこちらもスペイン制作。

マシニスト (字幕版)

マシニスト (字幕版)

 

 母なる大地、というくらいだから母がいなかったら足場がおぼつかなくて眠れないよね。