深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

モテるための哲学/二村ヒトシ~好意がキモチワルイ原因の解説はここにアリ~

≪内容≫

あなたはモテたいはずです。モテてセックスしたいはずです。なのに、なぜモテないのか?それは、あなたが他人にとってキモチワルいからです。セックスは本来キモチイいことだから当然です。でもモテたいって単に性欲の問題だけじゃない。では、なぜモテたいか?どんなふうにモテたいか?この問いこそが自分自身を知る哲学になるのです。

 

「なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか」の著者、二村ヒトシさん。

 

この人の本全部読んでみたいと思って読んだんですが、これ、別に「モテてセックスしたい」人じゃなくてもかなりタメになります。

 

なぜモテたいのか?

f:id:xxxaki:20161218193326j:plain

仕事の職種だとか収入額とかじゃなくて、「あなたは『どんなことが好き』なのか」ってことこそが「あなたとは何者か」ってことなんです。

(中略)

「趣味」さえあればいいってもんじゃないですよ。

パチンコやスポーツ観戦やCD鑑賞をたとえ毎晩や毎週末の日課にしてるんだとしても、それでただバクゼンと毎回時間をつぶしてるんだとすると、モテないあなたにとってはちょっとキビしいかも。

ましてや、それが「いま流行ってるものだから。みんながそれを話題にしてるから」だったりすると、それは「あなたの自己紹介」には全然なってない(あなたが確信犯のミーハーで、「流行ってるものだからこそ心から楽しめるのだ」とキッパリ断言できるのなら、それはそれでたいへんけっこうです)。

「なにが好きかを自分でわかってるか」ってことは、大袈裟に言うと「あなたにはちゃんと自分で選んだ、自分の居場所があるか」ってことです。

 

クサイこと言いますけど「ココロのフルサトみたいなとこがあるか?」ってことです。そこに帰れば、とりあえず臆病にならずにすむフルサトです。

それがあるってことは、「しっかり自分を持ってる」ってことです。

 

婚活パーティとかだと「年収」「職種」「家族関係」とか「家庭的」「容姿」「休日の過ごし方」とか書くと思いますが

それでその人の何が分かるの?

それで人を好きになれるの?

と思う。

あの場で感じ取れるとしたら話し方が嫌じゃないか、生理的に嫌じゃないかって事だけ。

 

「オレじつは、パチプロなんだ」とか聞かれてもいないのに急に話し始めるのも、かなりキモチワルイでしょ。

 

と書かれてますが、その通り。

公務員だとか、管理職だとか、入口でそういう聞いてもいないことから話し始める人いますが、その時点で「あ~肩書きが自分の一番のいい所なのかな」と思う。

 

男性だって聞いてもいないのに「わたし、すっごく料理が好きなんだ」とか「子供が好きなんだ」とか言われたらキモチワルイでしょ?

こいつ何考えてんだ?って思うでしょ?

 

逆に話してて楽しい人って「自分の言葉」で話してる。

時間かかって無言の時間が多かろうがその方がよっぽどいい。

 

自分の事を全て分かるのも難しい。

だからとりあえずは、自分の言葉で話してみる。

よし!

 

キモチワルイとは?

f:id:xxxaki:20161218195535j:plain

多くの男がホモをキモチワルがり差別するのは、心の底で「オレも犯されるかも・・・」と恐怖してるからです。

でもまともなホモは、そんなこと絶対しやしません。

でもあなたが、まだ「同じ土俵に乗ってない」女性を好きになりすぎてしまったら、それは、その気のまったくないあなたにスリよってくる不気味なホモ紳士(悪いホモ)と同じことをしてしまう可能性がある、ということです。

同じ土俵に乗ってない人に「恋」をぶつけるのは、キモチワルイことなのです。

同じ土俵に乗ってない人に「恋」をぶつけるのは、キモチワルイことなのです。

 

これ読んだときね、涙が出るかと思いました。

告白されて一気に引いちゃう自分がずっと悪いんだと思ってたから。

自分がおかしいんだって、人の好意を喜べないイヤな奴なんだって思ってたから。

 

二村さんありがとう!!!!

そうなんです!キモチワルかったんです!

何がキモチワルいって、「好き」とか「かわいいね」とか、さも愛情ぶった言葉で遠慮なく、自分勝手に、人の感情お構いなしでぶつけてくることを「恋」だと勘違いしてるその心根!

好きなら相手の気持ちを尊重するもんじゃないの?

相手の気持ちを大切にしたいと思わないの?

「好き」になったつもりの方はいいよね!

ぶつけるだけでさ!

 

「好きになっちゃったからしょうがないよね?」

「人を好きになるのはステキなこと」

「好きすぎて苦しい・・・」

「こんなに好きなのにどうして分かってくれないの?」

 

全部自分の都合だろうが!!!

そんなのは恋じゃない!

自分の欲望を相手にぶつけて何とかしてもらおうとしてるだけじゃん!

 

冷たいとか冷めてるとかじゃねーよ!

自分の欲望受け止めてもらえなかったら人のせいかい!

恋したらエラいの?

恋したら何してもいいの?

 

ふざけんな!

ふざけんな!

ふざけんなーーーーーー!!!!!

 

 

 

 

本当にこの本があって良かった。

しかも書いてるの男性だし。

 

同じ土俵・・・。

じゃあ私が誰かを好きになった時、同じ土俵に乗ってもらえる様にすれば上手くいくんだ。

恋愛したいな。

キモチワルくない恋愛したい。

 

理想の男、女はあなたの中にいる

f:id:xxxaki:20161218203308j:plain

男性のあなたの心の中に必ず住みついている女性のことを、心理学のことばで「アニマ」と言います。

(中略)

恋人というのは、他人です。別の人間です。

結婚したって、別の人間です。

厳密な意味で完全に「相手の気持ちになる」ことは人間には不可能なことだと筆者は思います。

「あなたの気持ちはわかる」というのはことばとして絶対に嘘だし、相手の気持ちがわかったようなつもりでいると、いつしか「恋のテレパシー」とかキモチワルいファンタジーが生まれてしまう。

「相手の身になって考える」ということなら、ありえます。

感情移入ということです。

「私には、あの人の心の中はわからないけれど、もし私があの人の立場だったら、私はどう感じ、何を考え、どう行動するだろう?」と考える、ということです。

アニマという存在を自覚してないと、異性に感情移入するということは、たいへん難しいわけです。

 

男性の中にいるアニマ

女性の中にいるアニムス

 

「恋愛をする」というのは、「あなたのアニマと彼女の関係」、「彼女のアニムスとあなたの関係」ということと書かれています。

 

さて、私の中の男性(アニムス)ってどんな感じだろ?

言われてみて、考えてみると、全く想像出来ない。

 

もし自分のアニムスが結構リアルに想像出来たら、恋愛は上手くいくのかもしれない。

もちろん、それが超厳しいアニムスだったりしたら選べなくなっちゃうけど・・・

 

いいアニムスかは分からないけど、とりあえず押しつけない人がいいなぁ。

私は「大事にされてる」って実感出来る恋愛がしたい。

友達にはない恋人に注ぐ優しさってあるじゃないですか。

 

はぁ。難しい。

恋愛って難しい。

 

でも「なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか」にも書いてあったように

恋愛って結局自分と向き合う行為だから

そう一筋縄じゃいかなくって当たり前!

 

気長に行こう。

地球上に73億人もの人間がいるんだから、自分と逃げずに向き合っていれば見つかるはず!

 

その人といる自分が好き!と思える人に

いつか出会う!!

 

 

モテるための哲学 (幻冬舎文庫)

モテるための哲学 (幻冬舎文庫)