深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】インセプション~脱出までの長い旅で学ぶのは生きるために必要なのは恐怖ではなく感動であるということ~

f:id:xxxaki:20190522213247j:plain

≪内容≫

 鬼才クリストファー・ノーランが国際色豊かなキャストを率いて、世界各地、さらに夢の中へと観る者を誘うSFアクション大作。
ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人の心が無防備な状態、つまり夢を見ている間に潜在意識から貴重な秘密を盗み出すスペシャリスト。
その特異な才能は産業スパイが暗躍する世界で重宝される一方、そのために彼は最愛のものを奪われ、国際指名手配されてしまう。そんな彼に失った人生を取り戻すチャンスが。
そのためには「インセプション」と呼ばれる、アイデアを盗むのとは逆に相手の心に“植え付ける"、およそ不可能とされる任務を成功させる必要があった。もしコブと仲間たちが成し遂げたなら、それは完全犯罪を意味する。だがいかに綿密に計画し、様々な特殊能力があったとしても、行動がすべて相手に読まれていては太刀打ちできない。そんな強敵が現れる予感を、コブだけが感じ取っていた。 

 

 マジで世界の渡辺謙ですわ。レオと同じ絵の中にいても全く見劣りしないダンディ渡辺謙。これ監督は「メメント」の人なんだなぁ。監督の頭の中はこんがらがらないのだろうか・・・。この映画おかげでyahoo!知恵袋の有り難味を痛感した私。回答してる人分かりやすいし理解力半端ない。回答者はいったい何者なんだろう・・・。

 

他人の夢の中は迷宮

f:id:xxxaki:20190525110248p:plain

  タイトル「インセプション」は「植え付け」の意で、他人の夢の中からアイデアを抜き取る抜き取り屋の最終奥義のようなものらしい。レオ演じるコブはそのスペシャリストだった。コブは依頼を受け渡辺謙演じるサイトーの夢にアクセスする。サイトーはコブの力を自らで確認し競合会社の次期社長に会社を放棄するアイデアを植え付けてほしいと依頼

 コブはインセプションの持つ無限の力を知っているが故に拒否するが、サイトーはそれが出来ればコブを家に帰してやる、と言う。コブは家に帰りたい一心でサイトーの依頼を受ける。

f:id:xxxaki:20190525112300p:plain

 インセプションチームのリーダーコブは夢の設計士として彼女を紹介される。この子がキーパーソンである。なぜなら彼女の名前は「アリアドネ」。ギリシャ神話「アリアドネの糸」でおなじみ、ミノタウロスを倒すために迷宮に入っていくテーセウスに帰り路が分かるように糸玉を渡した乙女である。テーセウスはこの糸を辿ることで複雑な迷路を迷うことなく脱出するのだ。

 

 他人の夢の中という迷路の帰り道は彼女であり、彼女に出会ったことでコブは長年の迷宮からやっと脱出することとなる。

f:id:xxxaki:20190525113633p:plain

 ところで、主人公コブはスペシャリストでありながらなぜ自ら夢の設計をせずアリアドネに託したのか、というと自分が作った夢の迷宮に囚われているから作れないのです。彼の作る夢には必ずモルという女性が出てきてしまう。これは、コブの奥さんであり現実世界では亡くなっている。コブが帰れないのは妻殺しの容疑がコブにかかっているからだった。

 

 コブはその力を使ってモルを夢の世界に連れていった。しかしあまりに夢の中にいすぎたせいでモルには現実と夢の違いが分からなくなってしまったのだ。何を言っても説得できないコブはモルにインセプションする。「この世界は現実ではない、目覚めるためには死ぬしかない」と。

 初めてのインセプションは失敗に終わった。夢の中で植え付けられた思想は現実世界に戻っても死なずに生き続けたからだ。モルは現実に戻ってもこの思想に囚われて目覚めるためにビルから飛び降りたのだった。

 

 モルが何度も夢の中に登場するのはコブが投影しているからだし、モルが誰彼かまわず攻撃を仕掛けてくるのも目覚めさせるためなのだ。コブが投影し続ける理由はおそらく現実世界で夢の世界を信じて飛んだモルは死んだのだと分かっていても、自分でもあれが現実で起きたのか夢で起きたのか確信することができなかったからではないかな?だから最後に夢の世界で約束した未来を描いたのだと思う。

インセプション (字幕版)

インセプション (字幕版)

 

  この教訓からサイトーの依頼のインセプションはハッピーでポジティブなものでなければならない、として憎しみではなく和解ルートを作り上げるインセプションチーム。ちなみにコブ=長い旅に出たヤコブなんじゃね?と思ったり、おかずが多すぎて食べきれない映画ですw間食には5・6回くらいの再見かかりそうw

 

同じ監督の映画↓

www.xxxkazarea.com