深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【ドラマ】きのう、何食べた?~成熟した大人の恋愛はこれだ!~

スポンサーリンク

f:id:xxxaki:20191012225506j:plain

≪内容≫

よしながふみ原作、西島秀俊と内野聖陽のW主演によるTVドラマのBOX。雇われ弁護士の筧史朗と美容師の矢吹賢二は、お互いを「シロさん」「ケンジ」と呼び合う恋人同士。そんなふたりのほろ苦くも温かい毎日と日々の食卓を描く。

 

 料理系の映像大好きなんですが、このドラマは特にめんつゆがたっくさん出てきて嬉しい。白だしとかオレガノとかも出てくるけど入れるのボトルからそのまま適量感覚だしですごく日常感。こんな年の重ね方素敵だなぁ、と思いました。

 

あらすじ

f:id:xxxaki:20191012230052p:plain

  シロさんこと史郎(西島秀俊)ケンジ(内野聖陽)は二人で暮らしている。弁護士でありながら質素な暮らしを重んじる史郎は食費を月二万五千円に抑えるべく特売りを見逃さない。料理担当。

 対して美容師のケンジは、コンビニでハーゲンダッツを買ったりと割と奔放で史郎に叱られる。凸凹コンビに見えて自分に足りないものを相手から感じて感謝したり、相手から学んだことを思い返してみたり、とにかく人間的に成熟している二人なので、痴話げんか程度のことはほとんどない。

 そんな二人の穏やかでささやかな日常を描いたドラマである。

 

みどころ

f:id:xxxaki:20191012231133p:plain

 すべて!

 なんですけど、やっぱり大人の恋愛として史郎がケンジはタイプではないけど一緒にいて居心地のいい相手、そういう人と一緒に居たい、という想いをと~まわしに近所のおばちゃんに言ったりしてるところですかね。

 なんとなく大人の恋愛=不倫・もしくは仮面夫婦みたいなイメージがドラマにはあったのでいやだったんですが、こういうお互いのいい部分をしっかりと見つめていることと、生活を一番に考えられる相手との恋愛っていうのが自分の大人の恋愛像とぴったり当てはまったのがすごくうれしかったです。

 

 それに二人とも早々にゲイであることを自覚していた故に、職業を専門職にしたことや親の孫の期待を感じたりとか、そういう自分以外の人との関わりについても見どころだと思います。

f:id:xxxaki:20191012231830p:plain

  私は本当に料理が嫌いなんですが、ケンジを見てると料理作る側もすっごい嬉しいだろうし、作れないならケンジみたいになるべきかな・・・と思ったりしてすごく勉強になりました。

 史郎は、二人は結婚とかしてないからそれぞれどっか行っちゃわないように気遣いは必要なんだ、的なこと言ってましたが、それって人として本当に大事なことですよね。結婚しようが付き合おうが、元は全く違う家庭で生まれて育ったわけだから、相手を尊重するって本当に大切なことだ・・・。

 

 というように人として大切なこと、恋人関係で大切なこと、生きていく上で大切なことを改めて心に刻みました。

きのう何食べた? DVD BOX(5枚組)

きのう何食べた? DVD BOX(5枚組)

 

 

第01話

第01話

 

  私も男だろうが女だろうが、こういう尊敬しあえて時にはぶつかりあって一緒に生きていけるパートナーが欲しいし、そういう人間になりたい。