深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

「17歳力」のある人が、成功する。夢が動き始める54の法則/中谷彰宏~大人は10代を繰り返す~

スポンサーリンク

f:id:xxxaki:20191117144605j:plain

≪内容≫

成功している人の共通点は、「10代の記憶」が鮮やかなこと。記憶としてだけでなく、いくつになっても、10代の鮮烈な夢とパワーを持ち続けて生きているから。10代を思い出すことで、今日から人生を変える一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

 

 17歳のとき何を思っていたかって分からないんですが、漠然と「子供」だった時、にすると色んな事が込み上げてきます。でも大半は怒りです。「あのとき大人は無視した」とか「あのときこういうことを知っていたら」とかそういうのが大半です。なので今やっていることと言ったら、子供だったときの自分に大人になった自分があれこれ教えてるんです。

 こんな考え方あるよ、この映画面白かったよ、この本読むといいよ、とかそういうことをやっています。なので、私と同じように子供のときの怒りとか疑問が生きるエネルギーになっている人は読むと結構分かる部分が多いと思います。

 

大人は10代にやり残したことをする

f:id:xxxaki:20191117185455j:plain

【この本は3人のために書きました。】

①自分のやりたいことを探している10代の人。

②やりたいことがなんだったか忘れた大人の人。

③10代に勇気を与えたり、もらったりする大人の人。 

  冒頭にこう書かれています。なので、今現在自分のやりたいことに夢中で取り組んでいる人の目には止まらないかもしれません。私は今人生に迷い中なので、タイトルを見て「17歳力」ってなんなんだろう?と思って手に取りました。

 本書では「17歳力」というタイトルですが大きく10代とくくられる場面が多く、一生変えることのできない「魂のクセ」や「自分のミッション」は10代のころを思い出すと分かると書かれています。

 というのもすでにやりたいことは10代にやっているそうなのです。そして大人はそれを繰り返す。これが本書に書かれている軸の部分でした。

f:id:xxxaki:20191117190719j:plain

10代は成り行き力です。

計画など立てられないし、現実と妄想の区別もついていません。恐いもの知らずです。大人になって、ここでこうなったらこんな悪いことが起こる、うまく行かないというマイナス想像していると、成り行きにノッていけないのです。 

  10代のころ夢を持っていたが、今はない。という人はなぜ10代は夢を持っていたのでしょう?それは、マイナスなことよりプラスの想像の方が豊富だったからではないでしょうか?

 もしくは、目の前に理不尽なことや不条理なこと、怒りがあった。よくこういうものはよくないものに思われがちですが、作家の桜庭さんは学生時代に先生に「あなたは小説家にはなれない」と言われたことを今でも覚えているし、村上龍さんも当時の大人を嘘つきと書いています。

69sixtynineの記事を読む。

 大人になると成り行きは非効率的なので必ずアポを取るし、突然の訪問は失礼だし「アポ取れよ!」もしくは「アポ取ってます?」になっちゃいます。でも自分自身に対してはアポを取る必要はありません。

 なんか、不思議な話ですが、私は「いやまだ心の準備が・・・」って謎の自分のアポ取りしちゃうんですが、考えてみると変な話ですよね。確かに10代は当たって砕けてなんぼだったはずなのに・・・w

f:id:xxxaki:20191117233343j:plain

仕事でも恋愛でも、うまく行かないことがあります。

それは、君本来のところに戻るチャンスです。

うまく行かないことを、うまく行く方向へムリに持っていかないことです。うまく行ったことは、実は運が悪かったのです。期待にこたえていただけだったのです。 

  本書がなぜ「「17歳力」のある人が、成功する。」というタイトルかというと、この部分だと思います。17歳(10代)のころは引出しが少ないので出来ることよりやりたいことが多いです。不器用だから青春が生まれ思春期に突入するのです。

 

 大人になると引き出しが増え知識も増え、アドリブ力も、空気を読む力もとにかく10代のころより色んな部分がアップデートされるが故に、たまたまできてしまった特にやりたいことではないことが求められてしまう、という悲劇が生まれます。

 

 今、②やりたいことがなんだったか忘れた大人の人。に当てはまっている人はこういった状態になってしまっているのではないでしょうか?

 器用+人の期待に応えたいという良い人がハマってしまう穴ですね。何をもって成功とするかはわかりませんが、今の自分に違和感を感じるならそれはきっと違う道があるのだと思います。

「17歳力」のある人が、成功する。―夢が動き始める54の法則

「17歳力」のある人が、成功する。―夢が動き始める54の法則

 

  17歳。若かったあの頃を思い出す日が1日くらいあったって全然いいよね。