深夜図書

書評と映画評が主な雑記ブログ。不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

【映画】ボヴァリー夫人とパン屋~悲劇の女が大好きなパン屋、速攻で隣人に恋をする。~

f:id:xxxaki:20190602135927j:plain

≪内容≫

 小説と現実を混同する男による、ユーモア溢れる官能ファンタジー。マルタンの営むパン屋の向かいに、愛読書の「ボヴァリー夫人」さながらのイギリス人夫妻が越してくる。マルタンは奔放な夫人から目が離せなくなり…。

 

www.youtube.com

 

 パン屋にボヴァリー夫人がやってきて、美女と美味しそうなパンたちがたくさん出てくるのかと思ったら違ったwwww

 てか「あなたは私を発酵させるー」とか確実に笑わせにきてるだろうがww

 

ボヴァリー夫人にしたいパン屋

f:id:xxxaki:20181229193949p:plain

 自分の隣の空き家にあの名作ボヴァリー夫人と同じボヴァリーという名前を持つ人妻がやってきた!

f:id:xxxaki:20181229194038p:plain

 悲劇の女が大好きなパン屋、速攻で彼女に恋をする。

 もはや名前で恋する男である。

f:id:xxxaki:20181229194132p:plain

 しかしパン屋の役割は読者であり物語の登場人物ではない。

 ボヴァリー夫人が恋に落ちるのは、原作と同じ年下の男。

f:id:xxxaki:20181229194237p:plain

 さらに出てくるのは元カレ・・・!

 さすがR15andフランス!車の故障で外に出てきた二人がなぜか路上でいちゃつきはじめる・・・。しかもけっこうないちゃつきぶりである。公然と尻を撫でマワスナァ!

f:id:xxxaki:20181229194342p:plain

 さすがパン屋。

 おいおいマジか、と思ってみてたらパン屋が代弁してくれました。もはやパン屋は観客です。誰より近い観客で、ボヴァリー夫人の日常は劇です。

 

 ボヴァリー夫人の浮気は止まらない。

原作と同じく自殺してしまうんじゃないかと恐れたパン屋は彼女に警告をする。

f:id:xxxaki:20181229194559p:plain

 ウーン!

 しかし夫人にあっさり「あんた頭おかC」と言われちゃうパン屋。村上春樹の「パン屋を襲う」といい、パン屋ってなんか不思議な力が働くのかな?それともパン自体に得体の知れない力があるのか、とにかく決定打もパンなんだから面白すぎる作品である。

ボヴァリー夫人とパン屋(字幕版)

ボヴァリー夫人とパン屋(字幕版)

 

  悲劇なんだか喜劇なんだか洒落にならん終わりなのではっきりとはしないけど、これが悲劇だったら世界は死んでいる

 韓国とかスペインとはまた違うクレイジーさがあるフランス映画。アメリカ映画が健全に思えてくる謎。