深夜図書

不定期に23:30更新しています。独断と偏見、ネタバレ必至ですので、お気をつけ下さいまし。なお、ブログ内の人物名は敬称略となっております。

書評

若い読者のための短編小説案内/村上春樹~読書するために必要なのは、その物語を受け入れる気持ちだけ~

≪内容≫ 戦後日本の代表的な作家六人の短編小説を、村上春樹さんがまったく新しい視点から読み解く画期的な試みです。「吉行淳之介の不器用さの魅力」「安岡章太郎の作為について」「丸谷才一と変身術」…。自らの創作の秘訣も明かしながら論じる刺激いっぱい…

狂骨の夢/京極夏彦~死後の世界は生きている者にしかない~

≪内容≫ 夫を四度殺した女、朱美。極度の強迫観念に脅える元精神科医、降旗。神を信じ得ぬ牧師、白丘。夢と現実の縺れに悩む三人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏、山中での集団自決。遊民・伊佐間、文士・関口、刑事・木場らも見守るなか、京極堂…

じごくゆきっ/桜庭一樹~憧れといっしょに、絶望的な光のなかへ~

≪内容≫ 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の後日談を含む全7編。青春・SF・家族ドラマ…。読了後、世界は動き始める。想像力の可能性を信じる、著者10年間の軌跡。 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』の後日談・・・ではなくね?と思うんですが。 砂糖菓子の弾丸…

人魚とビスケット/J・M・スコット~14週間に渡る漂流と正義~

≪内容≫ 1951年3月7日から二カ月間、イギリスの大新聞に連続して掲載され、ロンドンじゅうの話題になった奇妙な個人広告。広告主の「ビスケット」とは、相手の「人魚」とは誰なのか?それを機に、第二次大戦中の漂流事件に秘められた謎が解き明かされていく…。…

新釈 走れメロス/森見登美彦~おもしろき こともなき世を おもしろく~

≪内容≫ 芽野史郎は全力で京都を疾走した――無二の親友との約束を守「らない」ために! 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集! これ面白いです!!!! オススメです! 本書に収…

中国行きのスロウ・ボート/村上春樹~物をもらい慣れるというのも偉大な才能のひとつ~

≪内容≫ 青春の追憶と内なる魂の旅を描く表題作ほか6篇。著者初の短篇集。 あぁ村上春樹って成長しているんだなーと思いました。 本作は1986年の本で、私が今まで読んだ村上作品は、この本より後に出されたものが大半です。 まだ洗練されていない青年のような…

夢で会いましょう/村上春樹,糸井重里~本に何か教訓や希望を求める人には全く持って向いていない本~

≪内容≫ 強烈な個性と個性がぶつかりあう時、どんな火花が飛び散るか――それがこの本の狙いです。同時代を代表する2人が、カタカナ文字の外来語をテーマにショートショートを競作すると、こんな素敵な世界があらわれました。さあ、2種類の原酒が溶けあってでき…

ギリシア神話を知っていますか/阿刀田高~神話を振り返ることは、豊かさを取り戻す行為になる~

≪内容≫ 聖書と並ぶ古典中の古典、ギリシア神話は、世界の思想、芸術、文芸に多大の影響を及ぼしている。本書では、多彩豊富な物語の膨大な枝葉を巧みに整理し、著名なエピソードを取りあげてわかりやすく解説する。エロス、オイディプス、パンドラ、アンドロ…

月光ゲーム/有栖川 有栖~作者からの挑戦があります、あなたはこの謎を解けるか~

≪内容≫ 夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々を、予想だにしない事態が待ち構えていた。山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況…

ひとなつの。/~キラキラは永遠に続くものじゃないけれど~

≪内容≫ 7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり―(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住むことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない…

みみずくは黄昏に飛びたつ~私が村上春樹の作品に惹かれる理由~

≪内容≫ 芥川賞作家にして、少女時代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。騎士団長とイデアの関係は?比喩はどうやって思いつく?新作が何十万人に読まれる気分は?見返したい批評家はいる?誰もが知りたくて訊けなかったこと、その意外な素顔を…

十角館の殺人/綾辻 行人~読書は知識だけでなく、何が必要で何が不必要なのか、自分が一番伝えたいことは何なのかを教えてくれる。~

≪内容≫ 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来…

魍魎の匣/京極夏彦~問題はどう表現するかではない。どう理解されるかです~

≪内容≫ 匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ…

ボーン・コレクター/ジェフリー・ディーヴァー~生きる苦しみと苦しみながらも生きること~

≪内容≫ 連続殺人鬼ボーン・コレクターは被害者の周辺に、次の犯行現場と殺害手口を暗示する手掛かりを残しながら次々と凶悪な殺人を重ねてゆく。現場鑑識にあたるアメリア・サックス巡査は、ライムの目・耳・手・足となり犯人を追う。次に狙われるのは誰か?…

旧約聖書を知っていますか/阿刀田高~どんなことでも知っている人は知っている~

≪内容≫ 「旧約聖書」を読んだことがありますか? 天地創造を扱う創世記あたりはともかく、面倒なレビ記、申命記付近で挫折という方に福音です! 預言書を競馬になぞらえ、ヨブ記をミュージカルに仕立て、全体の構成をするめにたとえ――あらゆる意味での西欧の原…

天空の犬/樋口明雄~山と犬が教えてくれること~

≪内容≫ 標高3,193mを誇る北岳の警備派出所に着任した、南アルプス山岳救助隊の星野夏実は、救助犬メイと過酷な任務に明け暮れていた。苦楽を分かち合う仲間にすら吐露できない、深い心の疵に悩みながら―。やがて、登山ルートの周りで不可解な出来事が続けざ…

家守綺譚/梨木香歩~在るがままを受け入れる美しさを感じる物語~

≪内容≫ 庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多……本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」…

スプートニクの恋人/村上春樹~理解というものは、つねに誤解の総体に過ぎない~

≪内容≫ 22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。―そんなとても奇…

TVピープル/村上春樹~独り言は溶けて消えてしまわないためにうまれるのだ~

≪内容≫ 不意に部屋に侵入してきたTVピープル。詩を読むようにひとりごとを言う若者。男にとても犯されやすいという特性をもつ美しい女性建築家。17日間一睡もできず、さらに目が冴えている女。―それぞれが謎をかけてくるような、怖くて、奇妙な世界をつくり…

姑獲鳥の夏/京極夏彦~観測をするまで世界は確率的にしか認識できないのだ~

≪内容≫ この世には不思議なことなど何もないのだよ―古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第一弾。東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎…

変身/カフカ~家族の中で自分だけが異質という孤独~

≪内容≫ ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷…

傷だらけのカミーユ/ピエール・ルメートル~誰かのためになにかを犠牲にできる、そういう誰かがあなたにはいますか?~

≪内容≫ 『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ三部作の最終作。『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞を受賞。 三部作の三部目となると、キャラクターや作品の雰囲気…

その女アレックス/ピエール・ルメートル~人々の手段として通過され続けたアレックス~

≪内容≫ おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受け…

悲しみのイレーヌ/ピエール・ルメートル~文学という歪んだ鏡に映るのはなに?~

≪内容≫ 『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部のデビュー作。 奇怪な連続殺人をめぐる物語がたどりつく驚愕の真相。 「その女アレックス」の前作です。 奇怪な連続殺人をめぐる物語というより猟奇的な殺人という言葉が合うかなぁ。 もうとりあえず気持ち…

ちびくろ・さんぼ~トラがバターになったりミツバチになったりするアレ~

≪内容≫ あるところにかわいいくろいおとこの子がいました。なまえをちびくろ・さんぼといいました。 さんぼが新品の服を着て森を歩いているとトラが次々あらわれて?! かの有名なトラがぐるぐる回ってバターになっちゃう話です! 私が小さい頃に読んだ絵本っ…

ねじまき鳥クロニクル第三部♦鳥刺し男編/村上春樹

≪内容≫ 僕は少しずつ核心に近づいている。猫は戻る、笠原メイは遠い場所から手紙を書き続ける、間宮中尉はもうひとつの秘密を打ち明ける。ねじまき鳥に導かれた謎の迷宮への旅。第3部完結編。 新しい重要なキャラクターが出てきます。 この作品は今までの村…

ねじまき鳥クロニクル第二部♦予言する鳥編/村上春樹

≪内容≫ 致命的な記憶の死角とは?失踪したクミコの真の声を聴くため、僕は井戸を降りていく。 第二部はタイトル「ねじまき鳥」のねじについての話が出てきます。 自らを「ねじまき鳥」という主人公は、笠原メイに「ねじまき鳥さん」と話しかけられます。 最初…

ねじまき鳥クロニクル♦第一部泥棒かささぎ編/村上春樹

≪内容≫ ねじまき鳥が世界のねじを巻くことをやめたとき、平和な郊外住宅地は、底知れぬ闇の奥へと静かに傾斜を始める…。駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、ねじのありかを求めて探索の年代記は開始される。 すごく面白いです。 三部作なので読め…

最後の息子/吉田修一~海に近い土地って何か特別(独特)なものがあるのかなぁ?~

≪内容≫ 新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは…。第84回文学界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「W…

私の男/桜庭一樹~与えるでも奪うでもなく、サポート出来るような人間になりたい~

≪内容≫ 落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった10歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から2人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親…